ブログ 2013-14 オールNBAファーストチーム

Published on 6月 6th, 2014 | by Tunaパスタ

0

2013-14年「オールNBAファーストチーム」にレブロン、デュラント、ノア、ハーデン、ポール

NBAは4日、2013-14シーズンの「オールNBAチーム」を発表した。

オールNBAチームは、各シーズンの優秀な選手に与えられるアワードで、北アメリカのスポーツライターやブロードキャスター125名の投票により選出される。

オールNBAファーストチーム

チーム 1stチーム選出回数
G クリス・ポール クリッパーズ 4
G ジェイムス・ハーデン ロケッツ
F ケビン・デュラント サンダー 5
F レブロン・ジェイムス ヒート 8
C ジョアキム・ノア ブルズ

投票の結果、ケビン・デュラントが満票で1位選出。レブロン・ジェイムスは125人中124人からファーストチーム票を獲得し、8度目のファーストチーム入りを決めた。ジェイムス・ハーデンとジョアキム・ノアは初選出となる。

オールNBAのセカンド、サードチームは以下の通り:

オールNBAセカンドチーム

  • F:ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
  • F:ケビン・ラブ(ウルブズ)
  • C:ドワイト・ハワード(ロケッツ)
  • G:ステファン・カリー(ウォリアーズ)
  • G:トニー・パーカー(スパーズ)

オールNBAサードチーム

  • F:ポール・ジョージ(ペイサーズ)
  • F:ラマーカス・オルドリッジ(ブレイザーズ)
  • C:アル・ジェファーソン(ボブキャッツ)
  • G:ゴーラン・ドラギッチ(サンズ)
  • G:デイミアン・リラード(ブレイザーズ)

報道によると、サードチームに選出されたポール・ジョージには、ペイサーズから約700万ドル(7億円)のボーナスが支払われるらしい。ニックスのカーメロ・アンソニーは総合票ポイント16位で、惜しくもオールNBAチーム入りを逃した。

※   ※   ※

歴代NBAで最もファーストチームの選出回数が多いのはコービー・ブライアントとカール・マローンで11回。続いてカリーム・アブドゥル・ジャバー、ティム・ダンカン、マイケル・ジョーダンなど合計7選手が10回獲得している。

Thumbnail:「Twitter/NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑