ブログ 2016オールNBAチーム

Published on 5月 27th, 2016 | by Tunaパスタ

4

2016オールNBAチーム: カリーが満票、レブロンはキャリア10度目の1stチーム選出

NBAが現地26日、2015-16オールNBAチームの選出者15名を発表した。

オールNBAチームは、シーズンを通して優秀な活躍をみせたプレーヤーに与えられるアワードで、ファースト、セカンド、サードの3チームが選ばれる。

NBAのメディア関係者129名による投票の結果、ウォリアーズを73勝に導き、シーズンMVPに輝いたステファン・カリーが、1位票で満票(129)を獲得し、2年連続での1stチーム入りを達成。他には、レブロン・ジェイムス、ラッセル・ウェストブルック、カワイ・レナード、デアンドレ・ジョーダンがファーストチームに選ばれた。

今季DPOYを獲得し、MVP投票で2位となったレナードは、キャリア初のオールNBAチーム入り。レブロンにとっては、カリーム・アブドゥル・ジャバーやマイケル・ジョーダン、ティム・ダンカンらと並び、歴代最多2位タイとなるキャリア通算10度目の1stチーム選出となる。

▼2016年1stチーム

プレーヤー Pts
G ステファン・カリー 645
G ラッセル・ウェストブルック 627
C デアンドレ・ジョーダン 317
F レブロン・ジェイムス 637
F カワイ・レナード 575

▼2ndチーム

プレーヤー Pts
G クリス・ポール 353
G デイミアン・リラード 217
C デマーカス・カズンズ 277
F ケビン・デュラント 452
F ドレイモンド・グリーン 431

▼3rdチーム

プレーヤー Pts
G クレイ・トンプソン 164
G カイル・ラウリー 155
C アンドレ・ドラモンド 173
F ポール・ジョージ 157
F ラマーカス・オルドリッジ 103

カリーと共に、ウォリアーズの大黒柱として新記録樹立に大貢献したドレイモンド・グリーンは、キャリア初のオールNBAチーム選出を達成。ケビンデュラントは、シーズンの大部分を欠場した昨季を除き、2010年の初選出から5年連続で1stチームに入っていたが、今年は2ndチームとなった。

今季のオールNBAチームは、ウェスタンカンファレンスから11人が選出されたのに対して、イースタンカンファレンスからは4選手となっている。

ハーデンが選出漏れ

2013-14シーズンから2年連続で1stチームだったジェイムス・ハーデンだが、今年はサードチームにも入れなかった。サプライズだ。

今季のハーデンは、82試合すべてにスタメン出場し、キャリアハイの29.0得点、7.5アシスト、6.1リバウンド、1.7スティールを平均。レギュラーシーズンの通算得点(2376)、通算出場時間(3125)、通算フリースロー成功数でリーグ1位を記録し、ロケッツをプレーオフへと牽引した。

今のリーグはガードヘビーなので仕方がないかもしれないが、ハーデンほどのスタッツを記録したプレーヤーが、オールNBAチームに選ばれなかったというケースは記憶にない。やはり、昨季に比べてチームの成績が急落したことと、レイジーなディフェンスが大きなマイナスとなったか…。

他には、ポール・ミルサップ(84ポイント)とアンソニー・デイビス(76ポイント)がフォワードポジションで惜しくも選出漏れ。これにより、デイビスは「デリック・ローズ・ルール」の条件を満たせず、約2400万ドルのサラリー上乗せを逃すこととなった。反対に、同じドラフトクラスのデイミアン・リラードは、ルーキー契約期間中に2度のオールNBAチーム選出を果たしたことにより、デリック・ローズ・ルール適用の権利を得ている。

またウルブズのカール・アンソニー・タウンズは、ルーキーながらセンターポジションで5位となる44ポイントを獲得した。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    NBAファーストチーム。凄い話題なんでしょうが、今のプレイオフの熱さが凄まじすぎて、あまりニュースが実感として入りませんね…(ー ー;) すいません…
    ですが結果を見て思うのはガードは本当に群雄割拠ですね!正直バーデンが入らなくても上6人のメンバー見ると納得してしまいますもんね。
    センター…(ー ー;)

    • 本当にガードヘビーな時代ですね。特にウェストは競争が激しすぎで…。センターポジションはやはり物足りないですね。タウンズやポルジンギスの活躍でCが復権していくことを願いたいです。

  • masayann

    これ見て思ったんですがガード陣は層が厚いですねー特にウエストは。不満があるとすればディアンドレに変えてドレイモンドをファーストチームに入れてセカンドチームにほかのPFにほかのだれかを入れてもよかったのでは?と思いますが、、、

    • 近年はガード/フォワード/センターという従来のポジション分けがどんどん無意味になりつつあるので、オールNBAチームもオールスター投票のように、バックコート×2とフロントコート×3の選出枠にするのが適切な気もします。そうすればデュラントが1stチーム漏れすることもなかったはずですし。

      ドレイモンドをセンター扱いするというのは賛成です。実際にクラッチタイムでは、センターを務めることが多かったですからね。

Back to Top ↑