ブログ NBA2015年 FA

Published on 7月 2nd, 2015 | by Tunaパスタ

10

カオスすぎるNBA2015年FA初日まとめ

2015年のFA交渉がスタートした7月1日は、過去に類をみないほどの大忙しの一日となった。あまりに多くの契約が24時間~で合意に達し、この日のオファー総額でギリシャのIMF債務を返済できるのでは?というレベルだ。個別に記事にするときりがなさそうなので、以下に目玉FA選手たちの動向をまとめてみた。

※正式な契約成立はいずれもモラトリアム期間が終了する9日以降。


契約確定選手


ケビン・ラブ
  • 契約先:キャブス
  • 契約内容:5年/1億1000万ドル

ラブ本人が、『The Players Tribune』に「Unfinished Business(やり残した仕事)」というタイトルの声明文を寄稿して、キャブスへの残留を発表した。

カワイ・レナード
  • 契約先:スパーズ
  • 契約内容:5年/9000万ドル

オプションなどの詳細は不明。

ドレイモンド・グリーン
  • 契約先:ウォリアーズ
  • 契約内容:5年/8200万ドル

オプションなしのガチガチ5年契約。

ジミー・バトラー
  • 契約先:ブルズ
  • 契約内容:5年/9000万ドル

最後の年はプレイヤーオプションとなる見通し。

マイク・ダンリービー
  • 契約先:ブルズ
  • 契約内容:3年/1400万ドル
ブルック・ロペス
  • 契約先:ネッツ
  • 契約内容:3年/6000万ドル

3年目がプレーヤーオプション。

デマーレ・キャロル
  • 契約先:ラプターズ
  • 契約内容:4年/6000万ドル

ホークスから移籍。本人がTwitterで発表した。

ゴラン・ドラギッチ
  • 契約先:ヒート
  • 契約内容:5年/9000万ドル

詳細

ポール・ミルサップ
  • 契約先:ホークス
  • 契約内容:3年/5800万ドル

最後の年はプレーヤーオプション。

タイソン・チャンドラー
  • 契約先:サンズ
  • 契約内容:4年/5200万ドル

マブスからサンズへと移籍。5200万ドルはちょっと割高?

ポール・ピアース
  • 契約先:クリッパーズ
  • 契約内容:3年/1050万ドル

ウィザーズが提示した来季660万ドルを蹴って、ドック・リバースがいるクリッパーズを選んだ。シーズン終了直後は引退もささやかれていたが、まさかの3年契約で40歳まで現役続行の可能性も。最後の年はプレーヤーオプションとなる。

ダニー・グリーン
  • 契約先:スパーズ
  • 契約内容:4年/4500万ドル

詳細

クリス・ミドルトン
  • 契約先:バックス
  • 契約内容:5年/7000万ドル

5年目がプレーヤーオプション。

ブランドン・ナイト
  • 契約先:サンズ
  • 契約内容:5年/7000万ドル
サディウス・ヤング
  • 契約先:ネッツ
  • 契約内容:4年/5000万ドル
イマン・シャンパート
  • 契約先:キャブス
  • 契約内容:4年/4000万ドル

最後の年がプレーヤーオプション。

トリスタン・トンプソン
  • 契約先:キャブス
  • 契約内容:5年/8000万ドル

キャブスはどんだけ金を使うんだ?トンプソンが大型契約を獲得するのはわかっていたが、それでもドレイモンド・グリーンとほぼ同じサラリーというのは信じられない。

アル=ファルーク・アミヌ
  • 契約先:ブレイザーズ
  • 契約内容:4年/3000万ドル

マブスからブレイザーズへと移籍。

アーロン・アフラロ
  • 契約先:ニックス
  • 契約内容:2年/1600万ドル

ブレイザーズからニックスへ。


オプション行使


以下は、来季のプレーヤー/チームオプション行使で残留が決定した選手たち:

  • マイク・ミラー(キャブス)
  • ティモフェイ・モズコフ(キャブス)
  • カーク・ハインリック(ブルズ)
  • レイモンド・フェルトン(マブス)
  • モー・スペイツ(ウォリアーズ)
  • ルオル・デン(ヒート)
  • アル・ジェファーソン(ホーネッツ)
  • ロイ・ヒバート(ペイサーズ)
  • ジャレッド・ダドリー(バックス)
  • ジェフ・グリーン(グリズリーズ)
  • エリック・ゴードン(ペリカンズ)
  • ダニー・グレンジャー(サンズ)

未確定(現地1日)


  • デアンドレ・ジョーダン
  • ラマーカス・オルドリッジ
  • レイジョン・ロンド
  • マーク・ガソル
  • ドウェイン・ウェイド
  • レブロン・ジェイムス
  • モンタ・エリス
  • グレッグ・モンロー
  • ティム・ダンカン
  • トバイアス・ハリス
  • ウェズリー・マシューズ
  • オマー・アシック
  • その他多数

まず今年のFAは、ドレイモンド・グリーンやダニー・グリーン、デマーレ・キャロル、イマン・シャンパート、さらにはクリス・ミドルトンといった、スリーが打てて複数のポジションをガードできる選手たちが一瞬で売れた。以前と比べて3&Dプレーヤーの価値が跳ね上がっている。

Image by Keith Allison/Flickr

参考:「Reddit

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Mason P

    ピアースが好きなのでドク・リバースのもとで有終の美を飾って欲しい。それはそうと、まだレイカーズいませんね。レイカーズ、今年のFAの注目チームになりそうな予感がしてるんですが…

    • クリッパーズは、これでデアンドレをキープできれば、怖いチームになりますね。弱点だったSFを大幅に補強できたと思います。あと、オースティン・リバースの話題が一切上がりませんが、どうなることやら…。
      レイカーズは今のところ空振りですね。

  • CAVS! GOGO!

    まあ、CAVSの選手全員と再契約出来そうなのは良かった。
    駄菓子菓子、オルドリッジ出て行かないでくれ〜〜!(wadeも)

    • あとキャブスは、レギュラーシーズンにアービングを極力休ませるために、控えのPGが欲しいところですね。

  • 誰んベア

    CLEは主力が殆ど残留で助かりました。ラブとTTのはやりすぎだなぁとも・・・。
    レブロンは年俸アップのためにわざわざFAになったようなもんですからね、残留濃厚だと思います。
    毎年ドラフトに付随して行われるトレードもなかなか面白いとこはありますが、今年は結構混沌としてますね・・・。

    • レブロンの再契約は100%確実ですね。キャブスのオーナーがレブロンの母親と不倫するとか、そんな無茶苦茶なスキャンダルがない限り、レブロンはCLEでキャリアを終えるはずです。
      今年のFA初日はいろいろ起こりすぎてビックリしました笑

  • アン

    CLEも補強必要だろうに、なぜこんなに大盤振る舞いなんでしょうか。。
    ラブにもTTにも額の価値はないでしょう。。。
    シャンパですらちょっと高い気が。。。
    はっきりいってレブロンのお陰で輝けたような連中が勘違いしてるんじゃないでしょうか笑

    • ラブとアービング抜きで、ウォリアーズ相手に第6戦まで持ち込んだチームですからね。控えPGの補強が欲しいところですが、現状維持だけでも十分に優勝を狙えると思います。
      個人的にラブとシャンパートはいいと思いますが、トンプソンの8000万ドルはちょっと割高すぎかな…。

  • 個人的にラブのMAX契約は必要なことだったと思います。
    昨季レギュラーシーズンのような使い方をするのであれば、少し贅沢すぎる買い物かもしれませんが、それでも確実にリーグトップ20に入るスター選手だと思うので。キープするにはMAXをオファーするしか選択肢がありませんし、FAで移籍されてはウィギンスを手放した意味がなくなってしまいます。

    来季はもう少しレブロン×ラブのピック&ロールなんかを増やして欲しいですね。

  • ジェームズモラーデン

    キャブスはラブと契約する必要はあったのでしょうか?確かにラブはオールスターレベルのプレーヤーですが、ディフェンスザル同然です。更に、彼は3Pを打てますがマシュー、シャンパート、スミッシュと役割が被っています。5年1億1千万ドルは高すぎると思うのですが…

Back to Top ↑