ブログ 2015-16 オールルーキーチーム

Published on 5月 20th, 2016 | by Tunaパスタ

4

2015-16NBAオールルーキーチーム: タウンズとポルジンギスが満票獲得

NBAが現地19日、2015-16シーズンのNBAオールルーキー・チーム選出者を発表した。

優秀なルーキーシーズンを送った新人たちに与えられる同アワードは、アメリカとカナダ在住のNBAメディア関係者130人による投票の結果、今季新人王に輝いたミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズとニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスが、それぞれファーストチーム票で満票を獲得。他には、フェニックス・サンズのデビン・ブッカー、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、フィラデルフィア・76ersのジャリル・オカフォーが、ファーストチームに選ばれている。

▼2015-16NBAオールルーキー・ファーストチーム

プレーヤー 1st票 Pts
カール・アンソニー・タウンズ
(ウルブズ)
130 260
クリスタプス・ポルジンギス
(ニックス)
130 260
デビン・ブッカー
(サンズ)
103 231
ニコラ・ヨキッチ
(ナゲッツ)
73 186
ジャリル・オカフォー
(76ers)
71 186

▼オールルーキー・セカンドチーム

プレーヤー 1st票 Pts
ジャスティス・ウィンズロウ
(ヒート)
44 151
ディアンジェロ・ラッセル
(レイカーズ)
25 142
エマニュエル・ムディエイ
(ナゲッツ)
35 140
マイルズ・ターナー
(ペイサーズ)
28 139
ウィリー・コーリー・スタイン
(キングス)
2 50

今季のルーキー・ファーストチームはデカい。5選手中4選手がPF/Cのビッグマンで、ウィングプレーヤーはブッカーのみ。平均身長は約208cmだ。

またナゲッツからは、2014年ドラフト全体41位指名のヨキッチがファーストチーム、2015年ドラフト全体7位指名のエマニュエル・ムディエイがセカンドチームにそれぞれ選出。特にヨキッチは、80試合(スタメン55試合)で平均10.0得点、7.0リバウンド、2.4アシスト、0.99スティール、FG成功率51.2%を記録し、予想を大きく上回る大活躍をみせた。

▼ニコラ・ヨキッチ、シーズンハイライト

シーズン終盤から頭角を現し始めたヒートのジョシュ・リチャードソンは、ファーストチーム票4票の47ポイントで惜しくも選出漏れ。他には、ユーロリーグから移籍したスパーズのボバン・マリヤノヴィッチとレイカーズのマルセロ・ウェルタスも、それぞれ2ポイントと1ポイントを獲得している。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑