ブログ 2017-18 オール・ディフェンシブ・チーム

Published on 5月 25th, 2018 | by Tunaパスタ

0

2017-18シーズンのオール・ディフェンシブ・チームが決定

NBAが現地5月23日、2017-18オールディフェンシブ・チームの1stチームと2ndチームに選ばれた10選手を発表した。

1stチーム
プレイヤー 1位/2位票 Pts
ルディ・ゴベア 94/4 192
アンソニー・デイビス 73/17 163
ビクター・オラディポ 58/20 136
ドリュー・ホリデー 39/27 105
ロバート・コビントン 27/36 90

ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが今季トップとなる1stチーム票100票中94票を獲得し、キャリア2度目、2年連続でのファーストチーム入りを果たした。

今季に躍進を遂げたニューオリンズ・ペリカンズからは、アンソニー・デイビスがゴベアに次ぐ2位のポイントを獲得して、キャリア3度目のオールディフェンシブチーム選出(1stチームは今回が初)。さらにシーズンを通して1番から3番の3ポジションを柔軟に守ったチームメイトのドリュー・ホリデーが、全体4位で初選出を決めている。

他にもインディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポとフィラデルフィア・76ersのロバート・コビントンがキャリア初選出。オラディポはスティール数、コビントンはデフレクション数(パスやドリブルなどをはじいた回数)でそれぞれリーグ首位の数字を記録した。

▼1stチームハイライト

2ndチーム
プレイヤー 1位/2位票 Pts
ジョエル・エンビード 4/82 90
ドレイモンド・グリーン 26/34 86
アル・ホーフォード 24/37 85
デジャンテ・マレー 32/16 80
ジミー・バトラー 20/39 79

2ndチームのトップは、1位票が少なかったものの、2位票で最多数を獲得したジョエル・エンビードがキャリア初選出。ドレイモンド・グリーンとジミー・バトラーはそれぞれキャリア4度目のオールディフェンシブチーム入りだ(ドレイモンドは初の2ndチーム)。ウルブズの選手が選ばれたのは2006-07シーズンのケビン・ガーネット以来となる。

またキャリアを通して守備に定評があったアル・ホーフォードが、今年はついに初受賞。そしてカワイ・レナード不在ながらもリーグ上位の守備を維持したスパーズからは、若手PGのデジャンテ・マレーがチーム最多の獲得票数で2ndチームに選ばれた。

今年のサプライズは、ロケッツのクリス・ポールやサンダーのポール・ジョージ、バックスのヤニス・アデトクンボらスター選手を抑えて2年目のマレーが選出されたことかもしれない。しかもチームメイトのダニー・グリーンやラマーカス・オルドリッジとこれほど大きな票差がつくとは正直驚きだ(票ポイントでは、マレーが80、ダニー・グリーンが6、オルドリッジが2)。

今季中盤からトニー・パーカーの代わりにスパーズの先発PGに定着したマレーは、シーズン81試合の出場で8.1得点、5.7リバウンド、1.2スティールを平均。ガード選手としてはリバウンド力が極めて高く、長いリーチを活かしたパスレーン潰しが素晴らしい。

ジャンプショットやディシジョンメイキングの向上など、オフェンス面ではまだまだこれからだが、守備面ではデビュー2年目にしてすでに一流の選手と認められるようになった。来季にはさらなる成長を遂げ、カワイ・レナードと共に鉄壁のペリメーターディフェンスを披露してくれるはずだ。

なお2017-18DPOYのファイナリストには、ゴベア、デイビス、エンビードの3選手が選ばれている。

Image by Keith Allison

参考記事:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑