ブログ ユタ・ジャズ 5歳ルーキー

Published on 10月 7th, 2014 | by Tunaパスタ

0

ユタ・ジャズの1日ルーキー、5歳のJP・ギブソン君がクロスオーバーから豪快にダンク

現地6日に行われたユタ・ジャズの公開練習試合でのこと。第3Q残り29秒で、背番号1を身につけたJP・ギブソン君が1万人の大歓声に包まれながらフロアに立った。初めての試合出場にもかかわらず、その立ち振る舞いはベテラン選手のように落ち着き払っている。

ギブソン君はインバウンドパスを受け取ると、ディフェンスをかわしながらインサイドまでドライブ。チームメイトの力を借りて、豪快なツーハンドダンクを放った。

ギブソン君は、2012年に急性リンパ性白血病と診断された5歳のバスケ大好き少年。10月6日にジャズと1日のFA契約を交わし、チームの一員として練習試合のロスター入りを果たした

▼ランディ・リグビー球団社長と契約記者会見

「JPはいろいろなスポーツが好きですが、バスケットボールは特にお気に入りなんです」、と母親のメーガンさんは重病を患う息子について語る。

「1歳を過ぎたころから、夫と一緒にテレビで試合を見ていました。15ヵ月になると、毎日寝る前に1時間ほどシュートの練習をしていましたね。ジュニア・ジャズ(ユースリーグ)に参加できるのは6歳からだと知っているので、いつも早く6歳になりたいと言っています」

リグビー球団社長はギブソン君獲得について会見で、「我々は若いチームだ。そこでもっと若くなろうと考えた」とコメントした。

参考記事:「heraldsun.com.au

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑