ブログ シクサーズ 1月

Published on 2月 1st, 2017 | by Tunaパスタ

1

シクサーズが月間10勝を達成!!

フィラデルフィア・76ersが現地30日、本拠地ウェルズファーゴ・センターで行われた試合で、エースのジョエル・エンビードが怪我で不在ながらも、サクラメント・キングスに122-119で勝利した。

1月のシクサーズはディフェンス効率(ディフェンシブレーティング)で、ウォリアーズ、ジャズに次ぐリーグ3位の103.1(100ポゼッションあたりの失点)を維持し、月間成績が10勝5敗。昨シーズンのトータルが10勝(72敗)だったことを考えると大きな前進だ。シクサーズが1ヵ月のスパンで二桁勝利数をあげたのは、2012年1月以来で5年ぶりとなる(13勝4敗)。

この日のシクサーズは、後半にパスハイライトを何本も披露:

▼マコーネルのスティールからサリッチのノールック

▼第3Q終了間際にはコビントンがフルコートのタッチダウンパス

▼第4Qには再びサリッチのノールックから見事なボールムーブメント

試合序盤はデマーカス・カズンズに圧倒され、第2Q中盤で16点ビハインドに陥ったシクサーズだが、後半に入ってから一気に猛反撃を仕掛けて第3Q終盤に逆転。そのまま最後までキングスに主導権を譲らず、第4Qラスト10秒でリードを7点から1点に削られるという危うい場面もあったが、何とか逃げ切った。

最近のシクサーズは、まだまだ荒削りな部分も多いものの、チーム一丸となったすごく楽しいバスケを見せてくれる。

▼76ers、2017年1月ハイライト

キングス戦でのシクサーズは、合計で7選手が二桁得点を獲得。ロバート・コビントンが23得点/10リバウンドのダブルダブル、ダリオ・サリッチが17得点/6アシストをマークし、PGのTJ・マコーネルは11アシストをあげた。敗れたキングスは、デマーカス・カズンズが46得点、15リバウンドを記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 杉浦大西洋

    いつも楽しく拝見させていただいています。

    シクサーズが、こんなにワクワクするチームになるなんて、びっくりです。

    アイバーソン時代のスーパースターが引っ張るチームもすごくおもしろかったですが、こんなチームバスケットが見られると、NBAの魅力がもっと広がるように思います。

    管理人さんがアップしてくださるおかげで、NBAがますます好きになってしまいました。

    感謝。

Back to Top ↑