ブログ 1月プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス ホークス

Published on 2月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

0

ホークスのスタメン5人が1月の「プレーヤーズ・オブ・ザ・マンス」に選出

NBAが現地4日、1月のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手)を発表し、イーストからアトランタ・ホークスの先発選手5人、ウェストからヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンがそれぞれ選出された。

ホークススタメンのデマーレ・キャロル、アル・ホーフォード、ポール・ミルサップ、ジェフ・ティーグ、カイル・コーバーは1月に合計で平均77.7得点を記録し、チームをNBA月間歴代記録となる17勝0敗に牽引。同じチームから5選手がプレーヤーズ・オブ・ザ・マンスを受賞するのは今回が史上初、複数の選手が選出されたのは2002年10/11月のダラス・マーベリックス(フィンリー、ノビツキー、ナッシュ)以来2度目となる。

▼ホークス、19連勝トップ10プレー

1月のホークス先発スタッツ
選手 PPG APG RPG
ティーグ 16.6 8.5 2.6
コーバー 13.4 2.3 4.4
キャロル 12.3 1.9 4.6
ミルサップ 18.3 2.8 8.0
ホーフォード 17.1 4.3 7.8

1月のホークスは、スリー成功率(41.5%)とアシスト数(459)でリーグ1位をマーク。また、1試合平均得点(105.6)やFG成功率(48.1%)、スリー成功数(184本)などでイースタンカンファレンス1位を記録し、ホームで9勝、アウェイで8勝、ウェストチーム相手に7勝を収めた。

ウェストは、ハーデンが12月に続き2ヵ月連続、キャリア通算2度目のプレーヤーズ・オブ・ザ・マンスを受賞。約3分の1がアウェイだった1月の17試合で25.8得点、6.7アシスト、4.7リバウンド、FG成功率47.6%、スリー成功率42.6%を平均して、 ロケッツを11勝6敗に導いた。

▼1月25日、ハーデンのレイカーズ戦ハイライト

また、同日に発表された1月のルーキーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀新人賞)は、オーランド・マジックのエルフリッド・ペイトンとミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンスに決定。ウィギンスは12月から2ヵ月連続での受賞で、1月の17試合でルーキーダントツ1位となる平均19.8得点を記録した。

▼ウィギンス、キャブス戦でキャリアハイ!

Image:「@ATL Hawks/Twitter

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑