ブログ ボーガット レイカーズ

Published on 9月 19th, 2017 | by Tunaパスタ

3

アンドリュー・ボーガット、レイカーズとの契約に合意

FAセンターのアンドリュー・ボーガットが、ロサンゼルス・レイカーズに移籍する決断をした模様。

チームからの正式は発表はまだだが、The VerticalのShams Charania記者がボーガットのエージェントから得たという情報によれば、契約内容は1年230万ドルになるとのこと。ウルブズやキャブス、セルティックスも獲得を狙っていたらしいが、ボーガットはプレーオフチームからの誘いを蹴って、ベテランミニマムでレイカーズを選んだ。

昨年のオフシーズンにゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスへとトレード移籍したボーガットは、マブスでの26試合で3.0得点、8.4リバウンドを平均。2月にナーレンズ・ノエルのトレードでフィラデルフィア・76ersへと放出された後、すぐにシクサーズからウェイブされてFAとなり、最終的に優勝候補のキャブスと契約を結んだが、新チームでのデビュー戦に出場してからわずか1分で左足脛骨を骨折する大怪我を負い、そのままシーズン終了となった。

ボーガットは、2015年にウォリアーズで共にリーグ制覇を成し遂げたルーク・ウォルトンHCのシステムをよく理解しており、リムプロテクションが弱点だったレイカーズにとって頼もしい存在になりそうだ。NBA.comのDavid Aldridge記者によると、ボーガットの勧誘に最も力を入れていたレイカーズのメンバーは、ウォルトンHCだったという。

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • お茶

    ウォリアーズ出たあとのボガットをよく見ていないのですが、ファイナルでもインサイドの脅威として活躍したボガットが数年でベテランミニマムの評価に落ちるほどのものだったんでしょうか?
    レイカーズにきてくれるのは嬉しいですけどそこは気になります

    • 龍 辰巳

      もともと怪我がちだったのが、昨季途中キャブスと契約して最初の試合でシーズン絶望となったので、年齢も加味して今後負傷癖が治るとは考えづらいからミニマム、ということではないでしょうか。

  • zam

    ボガットはヘルシーであれば、まだリーグでも指折りのセンターだと思うのですが、いくらかアンラッキーな部分があるとは言え、この数年、彼の「ヘルシー」こそ、あてにならないので、ベテランミニマムという評価になってしまった。つまり、能力査定の結果というよりも、それ以前の問題なのではないでしょうか。

    ただ裏を返せば、シーズン通して活躍してくれれば、「ボガット、ミニマムで獲るなんて、レイカーズのフロント上手くやったなぁ」と語り草になる可能性もあります(キャブスのローズ獲得に近いケースかもしれません)。

Back to Top ↑