ブログ アンドリュー・ボガット 引退

Published on 5月 2nd, 2018 | by Tunaパスタ

0

アンドリュー・ボガットがNBAから引退か

2005年ドラフト1位指名のアンドリュー・ボーガットは、NBAでのキャリアにひとまず終止符を打ったようだ。

1月にロサンゼルス・レイカーズからウェイブされたボガットは現地4月24日、母国オーストラリアプロリーグNBL のシドニー・キングスと契約を結んだことを発表。契約内容は2年間で、NBAチームからオファーがあった際に移籍できる「NBAアウト」条項は含まれていないらしく、ボガットは入団会見で「これで正式にNBAからリタイアする」と明確に話した。

2005年に20歳でNBAデビューしたボガットは、キャリア13シーズンでバックス、ウォリアーズ、マブス、レイカーズでプレイし、9.8得点、8.7リバウンド、2.2アシストを平均。若手の頃から怪我に悩まされ続けたが、2014-15シーズンにはウォリアーズの一員としてリーグ制覇を果たし、翌2015-16シーズンはNBA史上最高記録の73勝に貢献した。

▼プレイメイクと守備に優れたビッグだった

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑