ブログ アンソニー・デイビス トレード

Published on 1月 29th, 2019 | by Tunaパスタ

0

アンソニー・デイビスがトレードを要求か

今季トレードデッドラインまであと10日に迫ったこのタイミングで衝撃的過ぎるニュース。近年では類を見ないレベルのリーグ全体を巻き込むスーパースター争奪戦が勃発しそうだ。

ESPNのAdrian Wojnarowski記者によると、ニューオリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスは現地28日、今夏にチームと延長契約を結ぶ意思がないことを代理人のKlutch Sportsを通して伝えた模様。Klutch Sportsのリッチ・ポール(エージェント)はESPNの取材で、デイビスがトレードを希望していることを明かした。

「アンソニーが現段階でペリカンズに決断を伝えた理由は、彼の意図について正直かつ明確でありたいと考えたから。アンソニーと球団の双方の将来的な利益において最良と判断した上での行動だ」
– リッチ・ポール/Klutch Sports

デイビスとペリカンズの契約はあと2年半残っているが、最終年の2020-21シーズンはプレイヤーオプション。デイビスは早くて2020年夏にFAになることができる。ペリカンズは今年の夏に5年/2億4000万ドルのスーパーマックス契約をオファーできる唯一のチームだが、ポール・ジョージやカイリー・アービング、カワイ・レナードと同じく、デイビスもサラリーよりも環境を優先したい考えのようだ。

今季のデイビスは41試合で29.3得点、13.3リバウンドを平均。得点、アシスト、リバウンド、スティールでキャリアベストを記録するMVP級のパフォーマンスを見せているが、ペリカンズの成績は振るわず、22勝28敗のウェスト13位と負け越しており、日に日にプレイオフから遠ざかっている。

デイビスの移籍先候補は?

デイビスのトレードについては、以前からその可能性が囁かれていた。昨年12月には、デイビス自身が「お金よりもレガシーが大事」とペリカンズとの延長契約拒否を匂わせるようなコメントを残している。なので、デイビスがいずれ移籍するだろうという見方は強かったが、このタイミングで大きな動きがあったのはサプライズだ。

ESPNによれば、デイビスは「優勝を狙えるチームへの移籍」を希望しているとのこと。ただジョージやレナードの場合と違い、現時点で特定のチーム名は上がっていないので、ペリカンズには多くの選択肢がある。完全な再建モードに入るペリカンズが欲しがるのは、即戦力になる全盛期のスター選手ではなく、ドラフト指名権やルーキー契約中の有望な若手選手といった将来性だろう。

その点をふまえると、リーグで最も魅力的なオファーを提示でき、さらにデイビスの要望にも応えられるチームは、やはりボストン・セルティックスだろう(テイタム/ブラウンの若手選手に、キングス/グリズリーズ/クリッパーズの1巡目指名権を保有)。

ただセルティックスには、デシグネイテッド・プレーヤー枠(デリック・ローズ・ルール = 5年30%マックスのルーキー延長契約)のカイリー・アービングがすでにいるため、今季が終わるまでは同じ条件の契約下にあるデイビスを獲得できない。NBA団体交渉協約のルール上、トレードでデシグネイテッド・プレーヤー枠の選手をチームに置けるのは1人までとなっている。

今季中はセルティックスがデイビス争奪戦に参加できないとなれば、次の有力候補はレブロン・ジェイムスがいるロサンゼルス・レイカーズだろう。オファーの中心となるのは、ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、カイル・クーズマ、ジョシュ・ハートの若手コアの内の2~3選手とドラフト1巡目指名権。ポール・ジョージとカワイ・レナードの時に静観して失敗したレイカーズが動くならここだ。

ただボールはグレード3の捻挫で戦線離脱中。イングラムは期待されたほどの成長を見せていない。ペリカンズが今のレイカーズの若手コアの将来性をどれだけ高く評価しているかがカギとなる。

他にデイビスが移籍先として希望する“優勝を狙えるチーム”を考慮するとどうだろう?イーストでは、ラプターズとバックスはペリカンズが欲しがるようなアセットを持ち合わせていない(カワイ・レナードのFA移籍によるラプターズの弱体化を見越して、パスカル・シアカム+2021年ドラフト指名権あたりはありかも)。

ウェスタンカンファレンスでは、以前からデイビス獲得に興味を示しているとされているウォリアーズも、ステフィン・カリーもしくはケビン・デュラントを放出する可能性はゼロで、そもそもデュラントは今夏FAになる。クレイ・トンプソンも契約満期で、ペリカンズがデイビス放出の対価としてドレイモンド・グリーンで納得するとは思えない。

他のウェスト上位チームを見ても、ロケッツはアセットの面で論外。サンダーはポール・ジョージをオファーすることもできるが、デイビスが再契約する確証がなければ、あまりにもリスクが高すぎる。

優勝候補チームの中では、フィラデルフィア・76ersが面白い。ハイレベルなパスセンスと守備力を持ち合わせたデイビスとジョエル・エンビードのツインタワーが実現すれば、ティム・ダンカン/デビッド・ロビンソン以上に脅威的なビッグマンコンビになるだろう。ただ76ersにベン・シモンズを手放す覚悟があるかどうか…。

一方で、ペリカンズはデイビスの“強豪チームへの移籍”という要望に応える必要もない。2019年ドラフトTop3指名権を得られる可能性が高いビッグマーケットチームのブルズやニックスにもチャンスはあるだろう。

いずれにせよ、ペリカンズはまだ焦る必要はない。最大の見返りを求めるのであれば、ドラフト順位が確定し、さらにセルティックスが競売に参戦できるオフシーズンまで持ち越すのが得策だと思う。

参考記事:「ESPN

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑