ブログ ホークス 1位確定

Published on 3月 28th, 2015 | by Tunaパスタ

6

アトランタ・ホークスが21年ぶりのイースト首位確定!!

イースト首位のアトランタ・ホークスが、現地27日に行われたマイアミ・ヒート戦に99対86で勝利し、今季55勝目を獲得。同時にクリーブランド・キャバリアーズが敗北したことで2位とのゲーム差が9となり、今季10試合を残した時点で早くもプレイオフのイースト第1シードを確定させた。シーズン開幕前は誰も予想しなかった快挙だ!

3月に入ってから今季初めて3連敗を喫するなど、やや失速感が見られたホークスだったが、27日の試合では12-3のランでゲームをスタートさせ、そこから1度も追いつかれることなくヒートを圧倒。後半からは二桁台のリードをキープしたまま、スタメンPGのジェフ・ティーグ不在の中、ホームで完全勝利を収めた。

ホークスはデマーレ・キャロルがゲームハイの24得点、ポール・ミルサップが21得点をそれぞれマークしている。

▼キャロル→ミルサップのアリウープ

試合後、ホークスの公式Twitterアカウントはさっそくハンドル名を「The 1 Seed」(第1シード)に変更して、21年ぶりのイースト1位確定を祝った。

▼『ウェルカム・トゥ・アトランタ』

ホークスがカンファレンス首位となるのは球団史上2度目で、バスケットボール殿堂入りのドミニク・ウィルキンスが在籍していた1993-94シーズン以来初。今季は現時点で球団史上最高のシーズン勝率を記録している。

▼ホークスの歴代シーズン勝率トップ5

シーズン 勝率 プレイオフ
2014-15 76.1%
(54勝17敗)
???
1993-94 69.5%
(57勝25敗)
EC第2ラウンド敗退
1986-87 69.5%
(57勝25敗)
EC第2ラウンド敗退
1996-97 68.3%
(56勝26敗)
EC第2ラウンド敗退
1967-68
(セントルイス)
68.3%
(56勝26敗)
WD第2ラウンド敗退

ホークスは1970年に東西カンファレンス制が採用されて以降の44シーズンで、プレーオフ第2ラウンドを突破した経験がまだ1度もない。今年こそはついにその壁を越えられそうな勢いだ。

ボックススコア:「NBA/Stats

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • たいし

    なんでこんなに強いの?

    • 強いですね。オフェンス力/ディフェンス力の両方でリーグトップ10に入っているのはウォリアーズ、スパーズ、ホークス、ブレイザーズの4チームだけです。
      ホークスはスターターの5人が12得点以上を平均していて、スパーズのようにバランスがとてもいいですね。

  • ふくさん

    去年のプレーオフは
    良いチームという印象が、
    今年に入って強いチームになった印象を
    受けますね。ただ、最近調子を
    落としているので、プレーオフでの
    戦いに期待ですねー!

    • ホークスは強くなりましたね。去年のプレイオフ第1ラウンドでペイサーズ相手に第7戦まで持ち込んだのはマグレじゃなかったようです。
      成功の鍵はカイル・コーバーですかね。彼がコートにいるのといないのでは、100ポゼッションあたりの得点が10点以上違ってくるんですよ。
      最近失速気味だったのは、他のチームが少しずつホークスのスタイルに対応できるようになってきたのもあるのかな、と思います。

      プレイオフ楽しみですね。ただ1つの不安要素は、正念場で試合をテイクオーバーできるようなスタープレーヤーがいないことでしょうか…。キャブスのようなチームを相手に、セットプレーがことごとく上手くいかなかった場合など、どのようにして対応するのか見物です。

  • 龍 辰巳

    お久しぶりです。
    こういう記事を見ると、シーズンも大詰めという感じがしますね。
    もちろんホークスの勝利街道驀進もありますから、いうほど終盤ではないですが。笑
    しかし、何から何まで本当に第2のスパーズと呼べそうなチームですね。キャロルなんて、去年まではライトなNBAファンからしたら「誰?」となるような選手だったのが、首位独走チームのコアですもんね。ブーデンホルツァーHCはまさにポポビッチの後継者になるかもしれませんね。

    あとコーバーのパーセンテージちょっと下がりませんかね?笑
    いくらキャッチ&シュートでもああもスポスポ決めてると、後から見た試合でアーヴィングやカリーが一瞬へたっぴに見えて仕方が無いです。笑

    • お久しぶりです!今季もいよいよあと10試合を切りましたね。気温が暖かくなって、プレイオフへのカウントダウンが始まるこの季節が毎年楽しみです。

      ホークスはまさに東のスパーズですね。ハイレベルなモーションオフェンスだけでなく、主力を温存したり、1度に5選手をサブしたりするところなどもポポビッチHCそのものです笑

      コーバーは本当にすごいですね。オールスター以降は少し3Pの成功率が下がってきましたが、それでも49~50%でリーグダントツです。すでに34歳になりましたが、衰えるどころか、むしろ全盛期の真っただ中といた感じですね。
      基本的にシューターは寿命が長いですが、コーバーの成長曲線には驚かされます。

Back to Top ↑