ブログ ベン・ゴードン 復帰

Published on 8月 3rd, 2016 | by Tunaパスタ

2

ベテランSGのベン・ゴードン、NBAへの復帰に意欲

2005年シックスマン・オブ・ザ・イヤーのベン・ゴードンは現在、8月末から開催されるユーロバスケット2017の予選ラウンドにイギリス代表として出場するため、トレーニングに励んでいる。昨季はウォリアーズのトレーニングキャンプに参加するも、最終ロスターに入ることができず、結局どのチームとも契約しなかったが、2016-17シーズンはNBAへの復帰を狙っており、今大会でのパフォーマンスがそのきっかけになればと考えているようだ。

ゴードンはESPNの取材で、「まだ高いレベルで貢献できると思う」とカムバックへの意欲を語った。

「1年のブランクがあるが、ぜひともリーグに戻りたい。今はアップ&ダウンなプレーが主流になっている。もちろん3ポイントシュートは常に大事な要素だったが、最近はこれまで以上に活用されるようになったと思う。だから、僕はまだ高いレベルでプレーして、スリーを打ち、シューターを必要としているチームに深みを与えられると思う」

「今でも安定してスリーを打てる。シュートタッチは失っていない。キャリアを通して膨大な時間をシュートに費やしてきた。チーム練習前も、練習後もね。だから簡単に失ったりはしない。シューティングはそういった類のスキルさ。僕は今でもそのスキルに磨きをかけている」
– ベン・ゴードン

コネチカット大のエースとしてチームをNCAA王者に導いたゴードンは、2004年NBAドラフトで全体3位指名を受けブルズに入団。1年目からベンチスコアラーとして大貢献し、史上初めてルーキーでシックスマン賞を獲得した。

ゴードンはキャリア11シーズンを通して14.9得点、3P成功率40.1%(ブルズでの5シーズンは41.5%)を平均。2006年4月のウィザーズ戦と2012年3月のナゲッツ戦では、ノーミスでスリー9本成功というハイレベルなシューティングを披露している(NBA最多タイ記録)。

▼2012年3月ナゲッツ戦、45得点

Image by Keith Allison

参考記事:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • MJ32

    ゴードン、キャロン・バトラー、オカフォーが揃っていた時のコネチカット大ハスキーズ時代が遠い昔…

    • もう12年前ですもんね…。干支が一周しちゃいました。

Back to Top ↑