ブログ ベン・シモンズ 延長契約

Published on 7月 18th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ベン・シモンズが76ersと5年のマックス延長契約で合意

ジョエル・エンビードに続き、ベン・シモンズが76ersからマックスでのルーキースケール延長契約を手にした。

The Athleticによると現地15日、フィラデルフィア・76ersがシモンズとの延長契約に合意。契約内容は、5年/1億7000万ドルだという。

シモンズと76ersの新契約が施行されるのは2020-21シーズンから。シモンズはルーキー契約最終年となる来季を810万ドルでプレイし、その次のシーズンに年俸が2930万ドルに跳ね上がる。

昨季のシモンズは79試合の出場で16.9得点、8.8リバウンド、7.7アシストを平均。リーグ3位となる10回のトリプルダブルを達成した。実質プロ2年目(2016年は怪我で全休したので)の選手がこれだけのスタッツを記録するのは異例だ。1990年以降で1シーズンに16得点/8.5リバウンド/7.5アシスト以上を平均したのは、シモンズの他にレブロン・ジェイムスとラッセル・ウェストブルックの2人しかいない。

またシモンズはサイズとスピードを持ち合わせているのでディフェンスにも強く、対戦相手のPGからPFまで幅広くガードできる。

▼2018-19ハイライト

その一方で、シモンズは今のところペイントエリアの外から得点する術を持っていない。トランジションの攻撃ではアンストッパブルだが、ジャンプショットが極端に苦手だ。

昨季プレイオフのイースト準決勝ではラプターズにその弱点を突かれて、ハーフコートオフェンスでの仕事が大きく制限されることに。同シリーズでは、本来PGのシモンズがダンカースポットに陣取り、代わりにジミー・バトラーとトバイアス・ハリスがオンボールでハーフコートオフェンスを指揮する場面が多くなっていた。

シモンズがプレイオフでも失速しないスター選手へと進化するためには、ジャンプショットを少しでも打てるようになるのが必須だろう。プルアップやオフスクリーンのスリーをガンガン打つまでとはいかずとも、せめてドレイモンド・グリーンレベルで完全ノーマークのショットくらいは躊躇せずに放てるようになっておきたいところ。

シモンズはキャリア2シーズンのスリー試投数がわずか15本で成功数はゼロ。しかもそのほとんどが、ピリオド終わりのハーフコートショットやランニングショットで、ちゃんとした形でスリーポイントショットを放ったのはたった2本しかない。

▼シモンズの貴重な3Pアテンプト

▼シモンズの2018-19ショットチャート

ベン・シモンズ ショットチャート 2018-19

最近シモンズとワークアウトしたというチームメイトのトバイアス・ハリスによれば、今オフのシモンズはジャンプショットの改善に必死で取り組んでいるとのこと:

「ベンは毎日熱心にジムに通い、成長のために努力しているよ。調子も良さそうだ。(ワークアウトで1on1をやった時)その場にいた皆は、どうして僕がベンを3Pラインでガードするのか不思議がっていた。その理由は彼がスリーを2本成功させたからだ。彼に『打ってみろよ』と挑発したところ、2本連続で決められた」

「彼のゲームは大きく進歩している。ジャンプショットもいい感じで、自信を持って打てている。僕は彼に言い続けた。例え練習の時でも自信を持ってシュートを打て。そしてショットを外しても弱気になるな、とね。シューティングに対する自信はこうやって積み上げていくんだ」
– トバイアス・ハリス/p>

1オフシーズンでジャンプショットを習得するのはもちろん現実的じゃない。だが少しだけでも改善したなら、それだけで76ersにとって大きなプラスになる。ベストシューターであるJJ・レディックがいなくなる来季のチームにとってはなおさらだだろう。

個人的には、もしジミー・バトラーが76ersに残留するなら、シモンズはドレイモンド・グリーンようにオフボールで輝くタイプのスタープレイヤー、(常に敵チームのエースをガードしつつ、トランジションでオフェンスを指揮し、ハーフコートではスクリーンやカットで奮闘する選手)、を目指すのが理想的かと思っていた。

だがバトラーの退団により、シモンズはこれまで以上にハーフコートオフェンスのボールハンドラーとしてステップアップしなければならない。そのためには、ジャンプショットの習得は避けて通れない道だ。

シモンズが3Pショットにおいてジェイソン・キッドのような成長曲線を辿れれば…。

参考記事:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑