ブログ 2015年 ベストパフォーマンス

Published on 1月 1st, 2016 | by Tunaパスタ

2

2015年度NBAのベストパフォーマンス9選

2015年もあっという間に終わった。今年もNBAでは胸が熱くなる数々のスーパープレーが生まれた。そこで2015年1月~12月で最も印象に残ったパフォーマンスを9つピックアップしてみた。

それでは良いお年を。

9.クリス・ポール

5月2日、クリッパーズ対スパーズのウェスタンカンファレンス第1ラウンドシリーズ第7戦。クリス・ポールが左足のハムストリングを痛めながらもゲームハイの27得点、6アシストを獲得。試合時間残り1秒には決勝レイアップを決め、クリッパーズをカンファレンス・セミファイナルへと牽引した。

8.モー・ウィリアムズ

1月13日、ウルブズ対ペイサーズ戦。ウィリアムズがプロ12年目の32歳にしてキャリアハイかつウルブズ球団最多記録の52得点を獲得。

7.ブランドン・ジェニングス

1月21日、ピストンズ対マジック戦。ジェニングスが24得点と、キャリアハイかつシーズンリーグ最多の21アシストをマークした。

1試合で20得点/20アシスト以上を記録したのは、2009年11月のスティーブ・ナッシュ以来5年ぶり。ピストンズの選手では、アイザイア・トーマスとケビン・ポーターに続いて球団史上3人目となる(この2ヵ月後の3月にレジー・ジャクソンが23得点、20アシストを記録)。

6.ステファン・カリー

2015-16ウォリアーズはシーズン開幕から球団新記録となる24連勝を達成。その間にステファン・カリーは125本のスリーを成功させ、平均32.5得点を記録した。

5.レブロン・ジェイムス

6月7日。キャブス対ウォリアーズのNBAファイナル第2戦で、39得点、16リバウンド、11アシストのトリプルダブルをマーク。ケビン・ラブとカイリー・アービングが不在だったチームを敵地での勝利に導いた。

4.ロケッツ

5月14日、ロケッツ対クリッパーズのウェスタンカンファレンス・セミファイナルシリーズ第6戦。負けたらシーズン終了の試合で、ロケッツが第3Q残り2分の19点ビハインドから怒涛のカムバックを展開。ラスト14分間でクリッパーズを49-18でアウトスコアする大逆転劇を演じた。しかもエースのジェイムス・ハーデンがずっとベンチにいる状態でだ!

この間にコーリー・ブリュワーが15得点、ジョシュ・スミスが14得点をそれぞれ獲得。チーム合計で8本のスリーを沈めた。

3.カイリー・アービング

3月15日、スパーズ対キャブス。オーバータイムに及んだ大接戦で、7本中7本のスリーを沈めてキャリアハイの57得点を獲得。レブロン・ジェイムスが保持していたキャブスの球団最多得点記録(56点)を更新した。

キャブスの3点ビハインドで迎えた第4Q最後のポゼッションでは、終了のブザーと同時に試合をオーバータイムに持ち込むスリーポイントに成功。OTにはチーム18得点中11点を挙げ、キャブスを勝利に導いた。

ちなみにスパーズは、この時の敗戦以来1度もホームで負けていない(レギュラーシーズン)。

2.ラッセル・ウェストブルック

3月4日、サンダー対76ers。ウェストブルックが49得点、16リバウンド、10アシストを獲得し、4試合連続となるトリプルダブルを達成。しかも顔面骨折で手術を受けてからわずか4日後のことだった…。

4試合連続トリプルダブルを記録したのは1989年のマイケル・ジョーダン以来26年ぶりで、NBA史上6人目。さらに45得点以上でのトリプルダブルは、2007年4月のビンス・カーター(46得点/16リバウンド/10アシスト)以来初だ。

1.クレイ・トンプソン

1月23日、ウォリアーズ対キングス戦。トンプソンが第3Qの12分間で37得点を獲得し、1ピリオドにおける歴代NBA最多得点記録を塗り替えた。

9本のスリーを含む13本中13本のFG成功というパーフェクトシューティングで、キングスのクォーター得点をたった1人でアウトスコア。キングスベンチにいたカール・ランドリーも、トンプソンのパフォーマンスに我を忘れた。この先何十年も破られることのない大記録になりそうだ。

Screenshot via YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    あけましておめでとうございます。
    今年も記事楽しみにしてます!!

    2015年ということで作シーズンも含まれんるんですね。
    私もベストパフォーマンスはトンプソンの37点です!!
    なにげに最後のFTもらった後に打った3も決めてくるところが凄い。
    コービーがいなくなって、得点の記録というのは今後誰が牽引していくんでしょうね。
    今年も大記録が生まれるよう楽しみに見続けていきたいとおもいます。
    あとはスパーズ優勝を祈るのみ。マヌにFMVPを!!(優勝したとしても多分レナード)

    • 明けましておめでとうございます!
      昨年はたくさんのコメントをいただき、本当にありがとうございました。

      今回のリストはほとんどが昨シーズンのゲームになってしまいました。やはりナンバー1はトンプソンですよね!10年に1度レベルのパフォーマンスだったと思います。もう何度ハイライトを見たかわかりません。今年もこんな大記録が見られれば素敵ですね。

      シーズン前半に不振気味だった昨季とは違い、今季のスパーズは安心して見守れますね。この調子を維持しつつ最低でも2位シードをキープして、プレーオフで暴れて欲しいです。サンダー、ウォリアーズ、キャブスを順に倒してのリーグ制覇は極めて困難な道のりですが、今のロスターなら不可能ではないはず!

Back to Top ↑