ブログ ビスマック・ビヨンボ

Published on 3月 18th, 2016 | by Tunaパスタ

0

ビスマック・ビヨンボが球団新記録の25リバウンド、ラプターズがOTでペイサーズに勝利

トロント・ラプターズの若手センター、ビスマック・ビヨンボが、現地17日のインディアナ・ペイサーズ戦でキャリアハイのダブルダブルを記録する大活躍をみせ、チームの延長戦での勝利に大貢献した。

怪我で欠場したヨナス・バランチュナスの代わりに先発センターを務めたこの日のビヨンボは、42分の出場で自己最多の16得点と25リバウンド(9オフェンスリバウンド)を獲得。1試合におけるリバウンド数で2004年2月にドニエル・マーシャルがマークした24リバウンドを上回り、ラプターズの球団最多記録を更新した。

ラプターズのヘッドコーチとして通算200勝目を飾ったドウェイン・ケイシーHCは試合後、「ビヨンボのスピリットが勝因だった」とビッグマンのパフォーマンスを称賛した。

「スピリットをデータ化することなどできない。彼は25リバウンドを獲得し、スクリーンをセットして仲間にオープンな状況を作り、自身のフリースローも何本か沈めた。だがチームメイトたちが苦戦する中、我々を勝利へと引っ張ってくれたのは彼のスピリットだ」

両チームともシュートがあまり決まらず、ロースコアな展開となった17日の試合は、85-85で迎えたオーバータイムにラプターズのカイル・ラウリーがステップアップ。レギュレーションはFG成功率29.4%、8ターンオーバーと不調気味だったが、OTではチーム16得点中8得点を1人で挙げ、正念場でのオフェンスを牽引した。

Q1 Q2 Q3 Q4 OT
TOR 27 16 20 22 16 101
IND 25 21 14 25 9 94

成績を46勝21敗としたラプターズはビヨンボの他、ラウリーとデマー・デローザンのオールスターコンビがそれぞれ28得点を記録。今季15試合を残した時点で、球団の歴代シーズン記録49勝まであと3勝に迫った。

▼ラウリー&デローザン

一方のペイサーズ(36勝32敗)は、ポール・ジョージ・ヒルの2人がそれぞれ18得点を獲得。今季はオーバータイムに及んだ8試合で1勝7敗と、接戦で競り負けるパターンがやや多い。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑