ブログ セルティックス バックス 第1戦

Published on 4月 30th, 2019 | by Tunaパスタ

0

セルティックスが好守備でバックスとの第1戦に快勝

ボストン・セルティックスが現地28日、ファイサーブ・フォーラムで行われたミルウォーキー・バックスとのイースタンカンファレンス・セミファイナル第1戦に112-90で圧勝。バックスにレギュラーシーズンを含め今季最大点差での敗北を与え、シリーズのホームコートアドバンテージを奪った。

第1戦でのセルティックスは、カイリー・アービングが26得点、10アシスト、7リバウンドのオールラウンドゲームでチームを牽引。第1Qにバックスをピリオド17点に抑えて先手を取ると、ハーフタイム前後で一時逆転を許してしまうが、2点ビハインドで迎えた第3Q残り10分30秒から32-9のランで一気に主導権を握り、第4Qは終始二桁リードを維持した。

アービングの他には、アル・ホーフォードが20得点/11リバウンドのダブルダブル、ジェイレン・ブラウンが19得点、ゴードン・ヘイワードが13得点で勝利に貢献。ホーフォード、マーカス・モリス、ジェイソン・テイタムのスターター3選手がそれぞれ3ブロックを記録している。

理想的な試合

セルティックスにとってシリーズにおける最大の課題は、ヤニス・アデトクンボをどのように守るかだが、第1戦ではブラッド・スティーブンスHCのゲームプランが見事に機能した。

この日のセルティックスは先発ラインアップをアジャストし、アーロン・べインズの代わりにマーカス・モリスをスターター起用。アデトクンボには、当たり負けしないホーフォード(セカンドユニットならべインズ)をマッチアップさせた。

オンボールのアデトクンボに対して距離を十分に取って深く守りながら、ペネトレーションを仕掛けてきた時は迅速にヘルプを送ってレーンを封鎖し、難しいレイアップを打たせる。アデトクンボがキックアウトパスを放った際も、的確なローテーションでコーナーやウィングのシューターをカバーし、リーグ4位のオフェンス力を誇るバックスを90点に抑えた。今季バックスが90点以下に終わったのは、レギュラーシーズンを含めてこの日が3回目となる。

第1戦でのアデトクンボは34分の出場で22得点、8リバウンド、2アシストをマーク。オープンダンクやスリーを何本か決めたものの(スリーは5本中3本)、リムでのショットが15本中わずか4本と長所をまったく活かせず、セルティックスはアデトクンボのインパクトをシーズン平均よりも遥かに低く抑えることに成功した。

またこの日のセルティックスはオフェンスのエクスキューションも素晴らしく、リムとコーナースリーを最優先に守るバックスディフェンスに対し、ミドルレンジとコーナー以外のスリーから得点を量産。

アービングのショットメイキングが冴えわたっていた他、特にホーフォードのピック&ポップが威力絶大で、バックスはまったく対応できていなかった印象だ。

▼ホーフォードは攻守でシリーズのキーパーソン

▼ローテーションを間違えるとこうなる

バックスはホーフォードのスクリーンに対して頑なにスイッチしようとしない。

機動力に乏しいブルック・ロペスの場合は理解できるが、アデトクンボがホーフォードとマッチアップした時でもスイッチせずに深くドロップし、ポップからのオープンジャンパーを許してしまっている。これではオールポジションを守れるアデトクンボの良さを無駄にしてしまっている気がする。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑