ブログ 最多得点 ウェスタンカンファレンス

Published on 6月 29th, 2016 | by Tunaパスタ

5

NBA30チームのフランチャイズ最多得点記録: ウェスタンカンファレンス

ウェスト15チームの1試合における球団最多得点ランキング(2016年6月時点)。70得点以上の大記録は、すべてウェスタンカンファレンスの球団が保持している。またウェストは、イーストに比べて、長く破られていない記録が多い。

15位:メンフィス・グリズリーズ

・マイク・ミラー – 45得点

オーバータイムに及んだ2007年2月21日のウォリアーズ戦で、当時27歳のマイク・ミラーが球団最多記録となる9本のスリーを沈め、45得点をマークした(ボックススコア)。

グリズリーズは、NBAで50点超えのパフォーマンスを出していない唯一のチームだ。球団設立から21年とまだ若く、特に近年はディフェンス重視のスローペースなスタイルを貫いているので、それも頷ける。

13位タイ:ロサンゼルス・クリッパーズ

・ボブ・マカドゥー/チャールズ・スミス – 52得点

ボブ・マカドゥーが1974年2月22日のセルティックス戦1976年3月17日のソニックス戦で、チャールズ・スミスが1990年12月1日のナゲッツ戦でそれぞれ52得点を獲得。1990年以降のクリッパーズで、50得点以上を記録した選手はまだいない。

13位タイ:ミネソタ・ティンバーウルブズ

・モー・ウィリアムズ – 52得点

2015年1月13日のホーネッツ戦で52得点、7アシストをマーク(ボックススコア)。ウルブズは、チーム在籍期間がわずか4ヵ月しかなかったモー・ウィリアムズが球団記録保持者だ。

他にウルブズの選手で50点を突破したのは、ケビン・ラブとコーリー・ブリュワーの2人(それぞれ51得点)。球団唯一のMVP受賞者であるケビン・ガーネットのキャリアハイは47得点となっている。

12位:ダラス・マーベリックス

・ダーク・ノビツキー – 53得点

2004年12月2日のロケッツ戦で、53得点、16リバウンド、4ブロックのダブルダブルを獲得(ボックススコア)。この試合では、対戦相手のトレイシー・マグレディも、48得点、9アシスト、9リバウンドの大暴れをみせた(OTでマブスが勝利)。

マブスの選手が50得点以上を獲得したのは球団史上5回で、その3回がノビツキーの記録だ。

11位:ポートランド・トレイルブレイザーズ

・デイモン・スタウダマイアー – 54得点

ブレイザーズは、「マイティ・マウス」と呼ばれたデイモン・スタウダマイアーが、2005年1月14日のホーネッツ戦で54得点をあげ、球団最多記録を樹立(ボックススコア)。ブランドン・ロイとアンドレ・ミラーが52得点でこれに続いている。

最近では、デイミアン・リラードが2016オールスターブレイク明けのウォリアーズ戦で51得点をマークした。

10位:ヒューストン・ロケッツ

・カルヴィン・マーフィー – 57得点

1977-78シーズンは、球団史上ワースト5に入る低迷シーズンを送っていたロケッツ。1978年3月18日のネッツ戦では、カルヴィン・マーフィーが57得点の大奮闘をみせ、チーム新記録を打ち立てるも、106-104の2点差で敗北した(ボックススコア)。

9位:オクラホマシティー・サンダー

・フレッド・ブラウン – 58得点

OKCの最多記録は、スーパーソニックス時代のフレッド・ブラウンが1974年3月23日のウォリアーズ戦でマークした58得点(ボックススコア)。オクラホマシティーに移転してからのベスト記録は、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックの54得点となっている。

7位タイ:ニューオリンズ・ペリカンズ

・アンソニー・デイビス – 59得点

2016年2月22日のピストンズ戦で、59得点、20リバウンドを獲得。1試合で50得点/20リバウンド以上のダブルダブルを記録したのは、2001年1月のクリス・ウェバー以来約15年ぶり。1983年以降の33シーズンでは、シャキール・オニールとウェバーに続いて3人目となる。

7位タイ:サクラメント・キングス

・ジャック・トゥィマン – 59得点

キングスの球団記録が樹立されたのはシンシナティ・ロイヤルズ時代で、ジャック・トゥィマンが1960年1月15日のレイカーズ戦で59得点を獲得。1985年にチーム名がキングスに変わって以降は、デマーカス・カズンズが2016年1月25日のホーネッツ戦で記録した56得点が最多となる。

6位:フェニックス・サンズ

・トム・チェンバーズ – 60得点

1990年3月24日のスーパーソニックス戦で、32本中22本のフィールドゴールを成功させ、60得点を記録(ボックススコア)。1989-90シーズンのトム・チェンバーズは、キャリアベストとなる27.2得点を平均して、オールNBAセカンド・チームに選出されている。

5位:ユタ・ジャズ

・ピート・マラビッチ – 68得点

ニューオリンズに本拠地を置いていた1977年2月25日のニックス戦で、ピストル・ピートが68得点を獲得した(ボックススコア)。ユタに移転してからの最多記録は、カール・マローンの61得点(1990年)。

4位:サンアントニオ・スパーズ

・デビッド・ロビンソン – 71得点

提督は70点超えを達成した歴代NBA5選手の1人。1994年4月24日のクリッパーズ戦で、71得点、14リバウンドのダブルダブルを獲得した(ボックススコア)。

なおロビンソンは、この71点ゲームの2ヵ月前に、34得点/10リバウンド/10アシスト/10ブロックを記録し、史上4人目となるクアドルプルダブルを達成している。

3位:デンバー・ナゲッツ

・デビッド・トンプソン – 73得点

1978年4月9日のピストンズ戦。デビッド・トンプソンが28本のFG成功で73得点をあげるも、139-137のハイスコアリングゲームの末、4選手が20得点以上をマークしたピストンズに勝利を奪われた(ボックススコア)。

2位:ロサンゼルス・レイカーズ

・コービー・ブライアント – 81得点

2006年1月22日のラプターズ戦で、46本中28本のFG、13本中7本のスリー、20本中18本のフリースローに成功。コービーの81得点は、モダンNBAにおける最高のスコアリング・パフォーマンスだ。2005-06シーズンのコービーは、1987年のマイケル・ジョーダン以降でリーグ最多となる平均35.4得点を記録している。

▼81得点ショットチャート

81得点ショットチャート

レイカーズは他に、エルジン・ベイラーが1960年11月15日のニックス戦で、球団最多2位となる71得点をマークしている。

1位:ゴールデンステイト・ウォリアーズ

・ウィルト・チェンバレン – 100得点

恐らく2度と塗りかえられることのないNBAの最高得点記録。ウィルト・チェンバレンは、1962年3月2日のニックス戦で36本のフィールドゴールと28本のフリースローを決め、史上初の三桁得点に到達した。当時の試合映像が残っていないのが、とても残念だ(100点ゲーム詳細)。

同シーズンのチェンバレンは、シーズン80試合すべてに48分フル出場し、平均50.4得点、25.7リバウンドという桁外れの数字を残している。

またチェンバレンは、100点ゲーム以外にも、70得点以上を5回にわたり達成。76ers時代には球団最多の68得点をあげており、複数のチームにおいてフランチャイズ得点記録を保持する歴代ただ1人の選手となっている。

NBA30チームのフランチャイズ最多得点記録: イースタンカンファレンス

Image by Keith Allison

ソース:「Basketball Reference

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • PANTA

    ウェスト版楽しみにしてました!ありがとうございます。
    やはり上位は人間の仕業じゃないですね笑
    提督あたりから感覚がおかしくなってきます。
    そして100点ゲームのチェンバレン、この記録がある限りいくらステフといえどウォリアーズでの新記録は厳しいですねw

    • ウェストの上位は20年に1度レベルのミラクルですね。リアルタイムで見られれば本当にラッキーです。
      ウィルトの100点は今後も抜かれることがなさそうですね。さすがにカリーでも不可能そうです。ただクレイが1ピリオド37得点みたいな奇跡を起こしているので、もしかすると…

      • くりあたま

        あの大爆発を少なくとも3回はやらねばならぬと考えるとやっぱり無理な気がします

        • ですね。カリーのシュートレンジとアービングのボールハンドル、シャックのボディーを持ち合わせた人外な選手が出現しない限り無理かもですね。

  • NBAでの70点オーバーは凄すぎです。確かにコービーの81点がバスケットボールとして最高の個人パフォーマンスだったかもしれませんね。ウィルトの100点は、第4Qなどファウル合戦でグダグダだったみたいですし。
    デビッド・トンプソンに関しては、73得点をあげて勝てなかったとか、どんな試合だったのか当時の映像を見てみたいです。

Back to Top ↑