ブログ キャブス セルティックス 第1戦

Published on 5月 19th, 2017 | by Tunaパスタ

3

【BOS-CLE第1戦】キャブスが敵地で圧勝

現地17日にTDガーデンで行われたボストン・セルティックス対クリーブランド・キャバリアーズのイースタンカンファレンスファイナル第1戦は、前半だけで22点リードを奪ったキャブスが117-104で快勝を収め、敵地でシリーズ先勝をあげた。

フロントコートが圧倒

この日のキャブスは、スリーポイントショットの成功数がチーム合計で31本中11本。オフェンスがそこまで絶好調だったわけではないにもかかわらず、それでも敵地での第1戦でホームチームを完全にねじ伏せられるというのはさすがだ。

第1戦の主導権を握るカギとなったのはフロントコート陣の活躍で、トリスタン・トンプソンは第1Qだけで4オフェンスリバウンドを獲得して、序盤の流れを引き寄せるのに大貢献。ケビン・ラブはロングレンジでフロアを広げつつ、ポストでミスマッチがあれば積極的にインサイドを攻めた。この試合で、ラブは32得点/12リバウンド、トンプソンは20得点/9リバウンドと、それぞれプレーオフ自己最多を記録し、セルティックスのビッグをアウトプレイしている。

▼K.ラブ

レブロンがアンストッパブル

キャブスはラブとトンプソンの他、レブロン・ジェイムスが第1~第2ラウンドに引き続き支配的なパフォーマンスを披露し、ゲームハイ38得点、9リバウンド、7アシストをマーク。レブロンをどうやっても止められないのは、どのチームにも共通することだが、特にセルティックスにはポール・ジョージやP.J.タッカークラスのマン・ツー・マン・ディフェンダーがいないため、第1戦では誰がガードしてもミスマッチのような状態で好き放題やられていた。

先発SFのジェイ・クラウダーではサイズとスピードでついていけず、アル・ホーフォードやケリー・オリニクらビッグマンがスイッチすれば簡単に抜かれてイージー・レイアップ。マーカス・スマートらガードがスイッチすれば力で押し切られ、かといってダブルチームやトラップを仕掛ければ瞬時にノーマークの選手にアシストが通る。とにかく何をしても、レブロンの手の平で踊らされる形となった。

ここからブラッド・スティーブンHCがピック&ロールのディフェンスでどのようなアジャストメントを仕掛けてくるか…。ルーキーのジェイレン・ブラウンがレブロンのガードでそれなりにいい仕事ができていた印象なので、第2戦では出場時間が増えるかもしれない。

敗れたセルティックスは、クラウダーとエイブリー・ブラッドリーがそれぞれ21得点、アイザイア・トーマスが17得点/10アシストのダブルダブルをマーク。前半はスリー16本中2本成功とロングレンジに苦戦し、後半に入ってからオフェンスのリズムが改善するも、試合の流れを変えることはできなかった。

第2戦は、現地19日に引き続きTDガーデンで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑