ブログ キャブス ワークアウト

Published on 2月 1st, 2017 | by Tunaパスタ

1

キャブス、スティーブンソンやチャルマーズらベテランFAをワークアウトに招待

最近クリーブランド・キャバリアーズの調子が悪い。

これまでにもシーズン途中で一時失速することはあったが、今年の1月はレブロン・ジェイムスがリーグ3位となる出場時間(38.4分)を平均したにもかかわらず、月間成績で7勝8敗。レブロン再加入後のキャブスが、1ヵ月間の成績で負け越したのは初めてだ。J.R.スミスの負傷離脱やケビン・ラブの背中の悪化、さらにオフシーズンにマシュー・デラベドバやティモフェイ・モズゴフを失い、選手層が薄くなったことが、シーズン中盤にきて大きく響いている。

現在キャブスのロスターは14人。ここ最近レブロンがチームの戦力補強、特にベンチを引っ張れるプレイメーカーの獲得を公に要望していることもあり、ESPNによると、キャブスはロスターの穴埋めをすべく、マリオ・チャルマーズやランス・スティーブンソン、カーク・ハインリックらベテランのFAガードをワークアウトに招待したという。

昨年の11月にヒートからグリズリーズへとトレード移籍したチャルマーズは、昨季61試合の出場で10.3得点、3.8アシストを平均。怪我人続出だった昨季グリズリーズのバックアップPGとして活躍していたが、3月にアキレス腱断裂でシーズン全休となり、チームから解雇された。

チャルマーズはビッグスリー時代のヒートで、ポイントガードとして4年連続のファイナル進出と2度のリーグ制覇に貢献。レブロンとのプレー経験やプレーオフ経験も豊富で、即戦力になれる選手だが、不安要素は、アキレス腱断裂の重傷を経て、以前のレベルで再びプレーできるかどうかだ。

▼チャルマーズ、2016年ハイライト

ペイサーズ時代にプレーオフでレブロンと激しくぶつかり合ったスティーブンソンは、オフシーズンにペリカンズと契約し、6試合に出場するも、11月初めに股関節の手術を受けて戦線離脱。その後ペリカンズを解雇され、FAとなっていた。

ペイサーズを離れてからはすっかりジャーニーマンと化し、ポジティブな印象をあまり残せていたいスティーブンソンだが、まだ26歳と若くて身体能力も高く、調子が良ければディフェンスからプレイメークまでハイレベルにこなせるオールラウンダーだ。ニックスから加入した頃のJ.R.スミスのように気持ちを切り替え、チームでの役割に上手くフィットできれば、キャブスが探し求めていたピースになれるかもしれない。

▼キャリアハイ33得点

昨季をブルズとホークスでプレーしたハインリックは、46試合で3.0得点、1.6アシストを平均。今季はまだどのチームとも契約していない。現在36歳と3人の中では最年長だが、大ベテランらしくミスの少ない安定したプレーができる。

キャブスはこの3選手の他にも、ジョーダン・ファーマーをワークアウトに招待しているという。

参考記事:「NBA

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Ma Yo Kawakami

    レブロン”GM”は昔に一緒にプレーした選手を好む傾向にあるのでマリオ・チャルマーズに動くのではないと思いましたが、まだ何も発表されてないので、もう流れましたね。またバレジャオが本日Cutされたので、もしかすると動くかもしれませんね。 今、色々バークレーがレブロンに対して言ってますが、個人的にはわかる気がします。

Back to Top ↑