ブログ リチャード・ジェファーソン トレード

Published on 10月 14th, 2017 | by Tunaパスタ

0

キャブスがリチャード・ジェファーソンをトレード放出

2017-18シーズン開幕を目前にして、大ベテランのリチャード・ジェファーソンが優勝候補チームを離れることとなった。

ESPNによると、現地13日にクリーブランド・キャバリアーズとアトランタ・ホークスがトレードで合意。キャブスはジェファーソンとケイ・フェルダーの2選手、2019年と2020年のドラフト2巡目指名権を放出し、ホークスからヨーロッパの選手2人(Dimitrios AgravanisとSergii Gladyr)との交渉権を獲得するという。

キャブスにとって今回のトレードは、ロスターの最終調整とサラリーダンプが目的だ。これでキャブスは開幕ロスターを15人に絞れたのと同時に、ESPNのBobby Marks記者によると、約1280万ドルのラグジュアリータックスを節約できるという。

リチャードソンはキャブスでの2シーズンで5.6得点、2.2リバウンドを平均。2016年ファイナルではベンチから攻守で活躍し、キャブスの初優勝に大貢献した。

報道によると、ホークスはトレード成立後にジェファーソンとフェルダーの両選手をウェイブする見込みとのこと。今年で37歳となったジェファーソンだが、ウェイブされた後も引退するつもりはなく、FAとなって現役の続行を希望しているという。

参考記事:「ESPN

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑