ブログ セルティックス ウィザーズ 第7戦

Published on 5月 17th, 2017 | by Tunaパスタ

3

セルティックスがカンファレンスファイナル進出

ボストン・セルティックスが現地15日、本拠地TDガーデンで行われたワシントン・ウィザーズとのイースタンカンファレンス・セミファイナル第7戦に115-105で勝利。シリーズを4勝3敗で制し、2012年以来5年ぶりとなるカンファレンス決勝進出を決めた。

▼試合前のTDガーデン

No place like home ☘️ Game 7 tonight #LetsGoCeltics

A post shared by Boston Celtics (@celtics) on

オリニク覚醒

第3Q終了時で2ゴール差とシリーズ最終戦にふさわしい大接戦となったこの日の試合。両チームにとって今シーズン最も大事なピリオドでヒーローとなったのは、アイザイア・トーマスやジョン・ウォールらオールスターではなく、ベンチ出場のケリー・オリニクだった。

勝負所でウィザーズの守備がアイザイア・トーマスに集中する中、オリニクはオープンショットを2本連続で沈めて勢いに乗ると、その後もロングレンジやドライブ、ポストアップなどあらゆる角度からスコア。第4QだけでFG6本中5本の14得点をあげて、クラッチタイムのセルティックスを引っ張った。

▼第7戦の大舞台でPOキャリアハイ

オリニクは28分の出場でプレーオフ自己ベストの26得点、4アシストを獲得。第4Qの終盤でチェックアウトした際には、ガーデンの観客席から盛大なスタンディングオベーションと共に「ケリー」コールが巻き起こった。セルティックスのベンチ選手がプレーオフの試合で25得点以上をマークしたのは、2009年5月6日オーランド・マジック戦のエディ・ハウス(31得点)以来初となる。

セルティックスは他に、トーマスが29得点/12アシスト、アル・ホーフォードが15得点、ジェイ・クラウダーが14得点を記録。ルーキーのジェイレン・ブラウンはハッスルプレイなどで大貢献し、20分の出場で9得点をあげた。

▼ルーキーもステップアップ

ベンチスコアで大差

敗れたウィザーズは、ブラッドリー・ビールが38得点で大奮闘した他、オットー・ポーターJr.が20得点、マーキーフ・モリスが18得点をマーク。第6戦で決勝スリーを決めたジョン・ウォールは18得点/11アシストを記録したもののジャンプショットの調子が悪く、特に後半からは疲れもあったのか、インサイドへのドライブが減って攻めが消極的になり、第3Q残り7分から10本連続でフィールドゴールに失敗して試合を終えることとなった。

この日の試合で最も大きな差がついたのはベンチの貢献度で、セルティックスは48得点/1ターンオーバー。対するウィザーズは、ボグダノビッチが前半にスコアした5得点のみだった(2ターンオーバー)。

▼ビールは第4Qに12得点

セルティックスは、カンファレンス決勝で王者クリーブランド・キャバリアーズと対戦。第1戦は現地17日にクリーブランドで行われる。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    upありがとうございます。

    これぞプレーオフ!手に汗握る大接戦でした!
    セルティックスおめでとうございます、そしてウィザーズも凄く頑張りました!

    最終Qオリニクのゾーン入りっぷりが凄かったです。
    何打っても入る、みたいな感じでしたね 笑
    対照的にウォールの後半からの失速が痛くて、その結果最後少しだけセルティックスが残しましたね。
    けど、ウォールを責めるなんてお門違いですし、むしろエールを送りたいですね!

    さて、東も決勝は1位2位対決になりましたね
    今のセルティックスなら…! 楽しみです(^ ^)

  • Ma Yo Kawakami

    このシリーズのX-Factorはケリー・オリニクでしたか。
    両者に差はないので、Wizardsには再度チャレンジして貰いたい。欲を言えばオットー・ポーターJrより少し得点能力が高い選手を獲得できれば、CFも夢ではないと思います。

    本日、NBA Draft Lotteryが行われBostonがNo#1 Pickを選択出来る可能性が一番高い。今年のDraft候補の中には即戦力となるPGが多くおり、中でもホルツ、ボルの能力が高い。本日の結果次第ではBostonが来期は更に強くなる可能性が高い。

    ダニーエインジ恐るべし。。

  • お茶

    すごい試合でした
    特にアイザイアの連続スリー、ビールとオリニクのゾーン合戦のようなスーパープレイの連続凄かったです
    ウォールは疲労のせいか最後は消極的になって打たされたジャンプショットを打っていましたね
    セルティックスのアイザイアをカバーしつつの平面のディフェンスがキャブスに通用するのかどうか、気になります!レブロンはミスマッチを見逃しませんし

Back to Top ↑