ブログ NBA 2005年から2014年

Published on 10月 23rd, 2014 | by Tunaパスタ

2

過去10シーズンをグラフで見る: NBA30チームの栄枯盛衰

今年もNBAシーズン開幕まであとわずかに迫ったが、みなさんの応援するチームは現在どちらの方向に向かっているだろう。上昇気流に乗り始めたところか、それとも大転落の真っただ中か?

以下は、過去10年間における各チームの「ネットレーティング(NetRtg)」をまとめたグラフ。2005年~2014年の10シーズンで、それぞれのチームがどんな道を歩んで今にたどり着いたのか、大まかなトレンドがわかる。

NetRtg=100ポゼッションあたりの得失点差(100ポゼッションにつき相手チームよりもどれだけ多く点を獲得したか)

<グラフ作成者: wasntagoodidea – Reddit/r/nba>

アトランタ・ホークス

ホークス

ボストン・セルティックス

セルティックス

過去10年間で、1シーズンのNetRtg、および前季比上昇率が最も高かったチームは2007-08シーズンのセルティックス。この年のセルティックスはシーズン成績で66勝16敗を記録し、NBA制覇を果たしている。

ブルックリン・ネッツ

シャーロット・ホーネッツ(元ボブキャッツ)

ホーネッツ

2011-12シーズンのホーネッツは、過去10年でリーグ最低のNetRtgを記録。

シカゴ・ブルズ

ブルズ

デリック・ローズの躍進と共にNetRtgが急上昇し、デリック・ローズの怪我と共に急降下。それでもプラス域を維持するとはさすがブルズ。

クリーブランド・キャバリアーズ

キャブス

2010-11シーズンの下落率は過去10年でリーグ最大。2010年に何かあったっけ?

ダラス・マーベリックス

マブス

非常にコンスタント。NetRtgがマイナスに転じた2013年は、マブスが過去14年間で唯一プレーオフを逃したシーズンだ。

デンバー・ナゲッツ

ナゲッツ

マブスと同じくとても安定感がある。カーメロ・アンソニーのドラフト以来、10年連続でプレイオフ進出を果たしたが、昨季は怪我に悩まされロッタリーチームに終わっている。

デトロイト・ピストンズ

ピストンズ

00年代中盤は常勝チームだったピストンズも、チャンシー・ビラップスをトレード放出した2008年からずっと低空飛行。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ

ウォリアーズ

ウォリアーズの未来は明るい。

ヒューストン・ロケッツ

インディアナ・ペイサーズ

ペイサーズ

ここ数年で着実な成長を遂げてきたペイサーズだが、ポール・ジョージ離脱とランス・スティーブンソン移籍で今季は厳しい戦いになりそう。

ロサンゼルス・クリッパーズ

クリッパーズ

クリス・ポールが移籍して以来、一気に勝ち組に生まれ変わった。

ロサンゼルス・レイカーズ

レイカーズ

10年間でプレイオフを逃したのは、NetRtgがマイナスを記録した2005年と2014年。

メンフィス・グリズリーズ

マイアミ・ヒート

ヒート

ミルウォーキー・バックス

ミネソタ・ティンバーウルブズ

ウルブズ

ニューオリンズ・ペリカンズ

ニューヨーク・ニックス

ニックス

ここ数年は順調に上がっていたが、昨季にクラッシュ。カーメロ・アンソニーはデビュー以来初めてプレーオフ進出を逃した。

オクラホマシティー・サンダー

サンダー

オーランド・マジック

ドワイト・ハワードがいた頃は強かった。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

フェニックス・サンズ

サンズ

ポストナッシュの低迷期をそろそろ抜け出せるか?

ポートランド・トレイルブレイザーズ

昨季は2000年以来初となるプレイオフ第2ラウンド進出を達成。

サクラメント・キングス

サンアントニオ・スパーズ

スパーズ

過去10年を通してNetRtgをプラス域にキープし続けることができたのは、NBA30チーム中スパーズだけ。タイトルを獲得した2005年、2007年、2014年はやはりNetRtgが高い。

トロント・ラプターズ

ラプターズ

昨季は球団史上最多のシーズン48勝を記録!!

ユタ・ジャズ

ワシントン・ウィザーズ

ウィザーズ

Thumbnail by jmtimages/Flickr

ソース:「Reddit

Tags: , , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • くりあたま

    キャバリアーズの’10-’11シーズンはレブロンがいなくなった年ではないでしょうか?
    反対にそのシーズンにヒートは’10から’11にかけて大きな上昇をしています。
    レブロンの影響力を今更ながら思い知らされた気がします

    • tunadrama

      レブロンよりも、“ビッグZ”ことジードルナス・イルガスカスがいなくなったのがキャブスにとって大きかったのではないでしょうか?

      というのは冗談で、くりあたまさんのおっしゃる通りです。レブロンほどチームに大きな影響を与えるプレーヤーはジョーダン以来初だと思います。

Back to Top ↑