ブログ クリッパーズ ユニフォーム

Published on 10月 16th, 2019 | by Tunaパスタ

0

クリッパーズが今季の「シティ・エディション」ユニフォームをSI誌で初公開

ロサンゼルス・クリッパーズが現地15日、2019-20シーズンに着用するユニフォームの「シティ・エディション」を、『Sports Illustrated』誌の表紙で初お披露目した。

シティ・エディションのユニフォームは、シーズン10数試合で着用されるオルタネートユニフォーム。各チームが拠点を置く都市の歴史やカルチャーが反映されたものが多い。

▼LACの2019-20シティ・エディション

白のベースカラーに赤と青をあしらったクリッパーズのホームユニフォームとは大きく異なるブラック&ホワイト。カワイ・レナードとポール・ジョージのスーパースター2人を獲得して生まれ変わったクリッパーズにぴったりの大胆なデザインチェンジだ。

最初に目につくのは、“ロサンゼルス”を際立たせているところ。これまでは同都市のライバルチームであるレイカーズと差別化するために、チーム名の「Clippers」を強調していたが、今回のシティ・エディションでは「Los Angeles」が前面に押し出されている。

全体的にストリートバスケチームのユニフォーム感があって、そこもLAっぽい。また「Los Angeles」のフォントもLAらしさをアピールできていると思う(GTAっぽい)。

▼LACホームユニフォーム

個人的にシンプルなユニフォームデザインが好きなので、クリッパーズの新シティ・エディションは凄くカッコいいと思う。ただ一つだけ残念というか違和感を感じるのは、「Los Angeles」と背番号のフォントが微妙にマッチしていないところかも…。

参考記事:「SI

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑