ブログ %e3%83%9d%e3%83%9d%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%81-%e5%8b%9d%e5%88%a9%e6%95%b0

Published on 11月 19th, 2016 | by Tunaパスタ

0

グレッグ・ポポビッチHC、通算勝利数で歴代7位に浮上

サンアントニオ・スパーズが現地18日、ステイプルズ・センターで行われた試合でロサンゼルス・レイカーズを破り、アウェイ7連勝を達成。これにより、グレッグ・ポポビッチはレギュラーシーズン通算1099勝目を獲得し、ラリー・ブラウンを追い抜いてNBAヘッドコーチの勝利数で歴代7位となった。

▼ヘッドコーチ勝利数ランキング(レギュラーシーズン)

HC 勝利数
1 ドン・ネルソン 1335
2 レニー・ウィルキンス 1332
3 ジェリー・スローン 1221
4 パット・ライリー 1210
5 ジョージ・カール 1175
6 フィル・ジャクソン 1155
7 グレッグ・ポポビッチ 1099

なおプレーオフでの通算勝利数では、ポポビッチHC(158勝)はパット・ライリー(229勝)、フィル・ジャクソン(171勝)に次いで歴代3位につけている。

18日の試合は、第3Qを39-24で上回ったスパーズが、最終ピリオド開始直後で17点リードを奪うも、そこからレイカーズはジョーダン・クラークソンとルー・ウィリアムズの活躍で猛反撃を展開。試合残り時間ラスト1分を切ったところで4点差まで追い上げたが、対するスパーズは、トニー・パーカーが残り33秒に1on1からプルアップ・ジャンプショットに成功、続いてカワイ・レナードが3本のフリースローを沈め、今季ロード無敗を維持した。

パーカーのクラッチショット

Q1 Q2 Q3 Q4
SAS 26 26 39 25 116
LAL 16 36 24 31 107

スパーズは、レナードが23得点、12リバウンド、キャリア最多タイの7アシストを記録。ラマーカス・オルドリッジが同じく23得点、パウ・ガソルとトニー・パーカーがそれぞれ16得点をあげ、合計で7選手が二桁得点を獲得している。

敗れたレイカーズは、ルー・ウィリアムズが24得点、ニック・ヤングが22得点、ジョーダン・クラークソンが20得点をマーク。チーム得点リーダーのディアンジェロ・ラッセルが欠場していたものの、ガード陣が奮闘して高確率でスリーを沈め、最後まで食らいつく大善戦を見せた。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑