ブログ レブロン ジョーダン プレーオフ

Published on 5月 31st, 2015 | by Tunaパスタ

7

【Greatness】レブロンとジョーダンのプレーオフキャリアを比較してみる

今回で5季連続、キャリア6度目のイースタンカンファレンス制覇を達成したクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムス。ファイナル出場回数で、ついに元シカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダンと並んだ。

以下に、新旧バスケットボール・レジェンドのプレーオフキャリアを比較してみる。

プレーオフ

年齢 レブロン
(W-L)
ジョーダン
(W-L)
21 第2ラウンド
(7-6)
第1ラウンド
(1-3)
22 ファイナル
(12-8)
第1ラウンド
(0-3)
23 第2ラウンド
(7-6)
第1ラウンド
(0-3)
24 カンファレンス決勝
(10-4)
第2ラウンド
(4-6)
25 第2ラウンド
(6-5)
カンファレンス決勝
(9-8)
26 ファイナル
(14-7)
カンファレンス決勝
(10-6)
27 優勝
(16-7)
優勝
(15-2)
28 優勝
(16-7)
優勝
(15-2)
29 ファイナル
(13-7)
優勝
(15-4)
30 ファイナルor優勝
(12-2)
引退
31 第2ラウンド
(5-5)
32 優勝
(15-3)
33 優勝
(15-4)
34 優勝
(15-6)

2人ともプレーオフ初出場から6シーズンは優勝なし。7回目の挑戦で初めてチャンピョンシップを勝ち取った。

ファイナルの成績は、ジョーダンが6勝0敗、レブロンが2勝3敗。それぞれ1位シードでのプレーオフ進出は、ジョーダンが5回、レブロンが3回となっている。

プレーオフ勝率

レブロン ジョーダン
出場回数 10 13
試合数 172 179
113 119
59 60
勝率 65.7% 66.5%

プレーオフの成績は、レブロンがジョーダンよりも勝ち数6つ、負け数1つ少ない。もし今年のファイナルが第7戦に突入すれば、レブロンはプレーオフ10シーズン目にして早くも通算試合数でジョーダンと並ぶ。

※レブロンとジョーダンの時代ではプレーオフ第1ラウンドのシステムが異なる。昔はベストオブ5(5戦3勝制)だったが、2003年以降はベストオブ7(7戦4勝制)に変更された。

プレーオフハイライト

▼レブロン・ジェイムス

▼マイケル・ジョーダン

プレーオフスタッツ

平均 レブロン ジョーダン
出場時間 42.4分 41.8分
得点 27.9 33.4
アシスト 6.6 5.7
リバウンド 8.6 6.4
スティール 1.7 2.1
ブロック 0.9 0.9
FG成功率 47.7% 48.7%
3P成功率 31.9% 33.2%
FT成功率 75.5% 82.8%
ターンオーバー 3.5 3.1
PER 27.5 28.6

アシストとリバウンドはレブロンが上だが、得点力は圧倒的にジョーダンが優っている。13回のポストシーズン、179試合を通して33.4得点を平均できたというのは異常だ。

なお、プレーオフのキャリア平均で30点以上を記録した選手は、NBA史上ジョーダンしかいない。

▼プレーオフキャリア平均得点トップ5

得点 試合数
M.ジョーダン 33.4 179
A.アイバーソン 29.7 71
J.ウェスト 29.1 153
K.デュラント 28.9 73
L.ジェイムス 27.9 172

コンペティション

defeating 50 win teams

上の画像は、各選手がプレーオフでシーズン50勝以上のチームを破った回数(今季含む)。ジョーダンが20回で、レブロンが7回。近年のイースタンカンファレンスは史上最低レベルの競争率なので、レブロンの場合は50勝を超えるチームと戦える機会自体が極めて少なかった。

  • レブロンがプレーオフキャリアで破った50勝超えチーム:
    2015ホークス、2015ブルズ、2014ペイサーズ、2013スパーズ、2011セルティックス、2011ブルズ、2007ピストンズ

(※2012年にヒートが下したペイサーズおよびサンダーは、勝率61%以上で本来なら50勝を超える可能性が高いチームだったが、ロックアウトシーズンで試合数が少なかったため、ここではカウントしていない)

レブロンが初めてプレーオフに出た2006年から2015年の10シーズンで、イーストから50勝以上を記録したのはわずか27チーム。反対に同時期のウェストは、その2倍の55チームだった。

それにしても、コービー・ブライアントの24回という数字は凄い。特にレイカーズが最後に優勝した2010年とファイナルまで進んだ2008年は、第1ラウンドからすべての対戦相手がシーズン50勝以上の強敵だった。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「Reddit

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑