ブログ カリー 記録 連続試合

Published on 2月 26th, 2016 | by Tunaパスタ

2

ステファン・カリーがスリーポイントの連続試合記録を更新

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが現地25日、アムウェイ・センターで行われたオーランド・マジック戦で、レギュラーシーズン128試合連続となるスリーポイントシュートに成功。アトランタ・ホークスのカイル・コーバーが保持していた3P連続試合記録(127試合)を追い抜き、新たなNBA記録を樹立した。

期間 記録
ステファン・カリー 2014年~ 128
カイル・コーバー 2012年~14年 127
デイナ・バロス 1994年~96年 89
マイケル・アダムス 1988年~89年 79

カリーはマジック戦第1Q残り5分45秒にさっそく1本目のスリーを沈めて記録を塗り替えると、その後も高確率でシュートを成功させ、第3Qにはスリー6本の24得点と大爆発。最終的に51得点(スリー10本)、8アシスト、7リバウンド、FG成功率74%をマークする圧巻のパフォーマンスで、記念すべき試合を勝利で飾った。今季のカリーが50得点以上を記録するのは3度目、1ピリオドで20点以上を記録するのは8度目となる。

これで3P成功連続試合記録、レギュラーシーズン3P成功数記録、プレーオフ3P成功数記録の保持者となったカリー。今季は57試合の時点で、すでに歴代3位記録となるシーズン通算276本のスリーを決めている。

▼1シーズン3P成功数歴代トップ4

またESPNによると、今季のカリーは52本中35本という奇跡的な高確率で28~50フィート(約8.5~15メートル)からの超ロングスリーを沈めているそうだ。

25日の試合に130-114で快勝したウォリアーズ(51勝5敗)は、カリーの他に、マリース・スペイツが14得点、ドレイモンド・グリーンが12得点/8アシストを記録。敗れたマジック(25勝31敗)は、エバン・フォーニエの20得点をはじめ、スターター全員が二桁得点を獲得した。

Image by Keith Allison/Flickr

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • SW

    ひと昔前は、NBA=ダンク=身体能力だったのに。
    今や、完全に逆転しまいましたね(笑)
    でも、これは、バスケを志す全ての層にとって良いことですね。ステフはまさに、新時代の象徴ですわ(^_−)−☆

    • KENJI

      確かにそうですね!

      「アスリート」の概念が変わってしまいそうですね。
      何というか、、

       今までの「アスリート」=パワー+スピード+技術

      だったのが、、

       ステフ=クオリティ(いかに身体を正確かつ有効に動かすか)
                       ↓
                   (その為の 技術、筋力)

      みたいな大きな変化だと思います( ^ω^ )

Back to Top ↑