ブログ カリー 51得点

Published on 2月 4th, 2016 | by Tunaパスタ

4

ステファン・カリー、キャリア最多タイのスリー11本成功で51得点

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが現地3日、ベライゾン・センターで行われたワシントン・ウィザーズ戦で自己最多記録タイとなる16本中11本のスリーポイントに成功。51得点をマークして、チームを134-121での勝利に導いた。

1月31日のニックス戦でFG成功率29%の13得点と精彩を欠いていたカリーだが、3日のウィザーズ戦では開始直後からゾーンに入り大爆発。第1Qの12分間だけで7本のスリーを含む10本中9本のフィールドゴールを沈め、25得点を獲得した。カリーが1ピリオドで20点以上を挙げるのは、これで今季7回目となる。

▼カリー、51得点

カリーのシューティングで完全に出鼻を挫かれたウィザーズだが、14点ビハインドで迎えた後半最初の4分間で19-7のランを展開し、2点差にまで追い上げる猛反撃をみせる。

しかし第3Q中盤にジョン・ウォールが4ファウルでベンチに下がったのをきっかけに、ウォリアーズは再び主導権を取り戻し、クォーター終了までに点差を二桁に拡大。続く第4Qはショーン・リビングストンの奮闘で序盤にリードを維持すると、クラッチタイムにはスプラッシュブラザーズがテイクオーバーし、最後まで食い下がるウィザーズを振り切って今季45勝目を手にした。

Q1 Q2 Q3 Q4
GSW 43 31 29 31 134
WAS 28 32 32 29 121

ウォリアーズは、カリーの50点ゲームの他、ドレイモンド・グリーンが12得点、12アシスト、10リバウンド、5ブロックのオールラウンドパフォーマンスで今季10回目となるトリプルダブルを獲得。クレイ・トンプソンは6本のスリーを沈めて24得点を記録している。

PG対決

この日は、カリーとウォールが壮絶なポイントガードバトルを展開。カリーの51得点に対して、ウォールはシーズンハイの41得点、10アシスト、FG成功率68%をマークする大活躍をみせた。

シーズン3P成功数

今季のカリーはぶっ壊れている。45.8%の成功率で1試合平均4.9本のスリーを決めており、47試合ですでにシーズン通算232本のスリーを記録。昨季に自らが樹立したNBA3P記録(286本)を遥かに上回る勢いだ。

▼歴代トップシューターのシーズン3P成功数
(縦:成功数、横:試合数)

シーズン3P成功数 ペース

▼カリーのシーズンショットチャート
(2月3日)

カリー 2015-16ショットチャート 2月3日

これで8連勝を達成したウォリアーズは、今季成績を45勝4敗に更新。次は現地6日にホームでオクラホマシティー・サンダーを迎え撃つ。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • あっさー

    こうなると後、15試合くらいで昨年の記録を更新するかもしれませんね…
    ただ、今日はTO7つと少しミスが目立ちますね。
    ドライモンドもさらっととんでもないことしてるんですけどね。カリーのインパクトが強すぎるだけで笑

    • 今のペースなら、今後15試合での記録更新もあり得そうですね。この日は第1Qが終わった時点で、1試合のNBA3P成功数記録12本を超えてくるかなと期待していたのですが、残念ながら届きませんでした。
      グリーンもパワーフォワードでトリプルダブル数リーグ首位とか凄すぎです!

  • くりあたま

    ちょっと関係無いかもしれませんがハイライト見てて観客が鳴らしていると思われる笛がうるさいですね
    対策は難しいかもしれませんがリーグから注意とかないんでしょうか

    • 笛鳴ってました?気がつきませんでした。

Back to Top ↑