ブログ ドワイト・ハワード シャック

Published on 12月 10th, 2017 | by Tunaパスタ

0

ドワイト・ハワード、通算ディフェンスリバウンドでシャック超え

ビッグマン関連のスタッツでシャキール・オニールを超えるというのは、本当に凄いことだ。

シャーロット・ホーネッツのドワイト・ハワードは、現地6日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で7リバウンドを獲得し、キャリア通算のディフェンスリバウンド数(レギュラーシーズン)で8893本に到達。シャックの記録を追い抜き、歴代9位に浮上した。

▼歴代ディフェンスリバウンドランキング

DRB 試合数
ケビン・ガーネット 11453本 1462
カール・マローン 11406本 1476
ティム・ダンカン 11232本 1392
ロバート・パリッシュ 10117本 1611
アキーム・オラジュワン 9714本 1238
ダーク・ノビツキー 9585本 1419
モーゼス・マローン 9481本 1329
カリーム・アブドゥル・ジャバー 9394本 1560
ドワイト・ハワード 8893本 977
シャキール・オニール 8890本 1207

このリストに、ダーク・ノビツキーが食い込んでいるのが少し意外。なおオフェンスリバウンドを含む通算トータルリバウンド数では、ハワードはチャールズ・バークレーに次いで歴代19位となっている。

▼シャックの靴のサイズの大きさに驚愕するハワード

オフシーズンにホークスからホーネッツへとトレード移籍したハワードは、今季24試合で15.5得点、12.5リバウンド(リーグ5位)を平均。現地8日のシカゴ・ブルズ戦では、試合には敗れたものの、25得点、20リバウンド、6ブロックをマークする大活躍を見せ、キャリア50回目の20/20ダブルダブルを達成した。

▼フェイクに騙されながらもすぐにリカバーし、続いてコースト・トゥ・コーストのダンク

https://twitter.com/hornets/status/939289624278597632

スタッツ:「Basketball Reference

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑