ブログ デアンドレ・ジョーダン マブス

Published on 7月 5th, 2015 | by Tunaパスタ

32

デアンドレ・ジョーダンがマブスへ、クリッパーズは終了か?

現地3日、FAセンターのデアンドレ・ジョーダンがダラス・マーベリックスと契約を結ぶことで合意した。

報道によると、マブスのオファーは4年/8100万ドル。クリッパーズが提示したとされる5年/1億0900万ドルのMAXオファーよりも少ない年棒を選んでの移籍となる。

ジョーダンの獲得は、マブスにとってスティールだ。ジョーダンは、言ってみればタイソン・チャンドラーのアップグレードバージョン。ピック&ロールとボールムーブメント、スペーシングを最大の武器とするマブスのシステムに、難なくフィットできるだろう。加えて、ディフェンス面では申し分ない。

ドリブルやポストアップが苦手なため、ジョーダンのオフェンスバリエーションの少なさを問題視する声も少なくはないが、それでもピック&ロールからのダイブとオフェンスリバウンドは超1流。使い方によっては極めて優秀な得点源となり、その証拠にブレイク・グリフィンが離脱した昨季2月~3月半ばの15試合では、15得点、5.9オフェンスリバウンドを平均した。もちろん、クリス・ポールがいたからこそ、ジョーダンがあれだけオフェンス面で活躍できた、という部分はある。

▼デアンドレ・ジョーダン、2014-15シーズンTop10プレー

マブスは、SGポジションでもモンタ・エリスからウェズリー・マシューズへとアップグレードすることに成功した(怪我前の状態に完全回復できればだが)。後はボールハンドラーを見つけることができれば、昨季よりも強いチームになるはず。

マブスのリクルート力

ジョーダンが移籍を決心したのは、マブスの熱烈なリクルート活動が大きな理由の一つだとされている。ロサンゼルスで行われたFA交渉ミーティングには、ダーク・ノビツキーがわざわざ休暇を切り上げて出席。チャンドラー・パーソンズは、リクルーターとして何度もジョーダンと時間を過ごし、オーナーのマーク・キューバンやリック・カーライルHCも食事などを共にしたそうだ。

まさにフルコートプレス。ジョーダンはお金よりも、こういった注目やスタークラスの待遇を望んでいたのかもしれない。

反対にクリッパーズのミーティングでは、プレーヤーが誰一人として参加しなかったという。

クリッパーズ終了?

リーグトップ10の選手であるクリス・ポールとブレイク・グリフィン、良き理解者だったドック・リバースHC、1億ドルオーバーのMAXオファー…。正直なところ、ジョーダンがこれらすべてを蹴って、より低い年棒でマブスを選んだというのは信じられない。CP3との確執が想像以上に深刻だったのか…?

とにかくクリッパーズにとって最も恐れていた事が現実となってしまった。すぐにでも代わりのビッグマンを探さなければならないが、そのための手段がほとんどないのだ。

現時点でクリッパーズは、すでにサラリーキャップを200万ドル以上オーバーしている(※2015-16シーズンの予想キャップスペース6900万ドルに対して、来季クリッパーズの確定サラリーはすでに7170万ドル)。よって、フリーエージェントでスタメンクラスのプレーヤーを獲得するのは事実上不可能。あとはミッドレベル、もしくはミニマム・サラリー例外条項を使うしかないのだが…。

MLEもすでに半分以下

ミッドレベル例外条項(MLE)とは、キャップに空きのないチームでもFA選手と契約できる特別なサラリー枠。来季クリッパーズの場合は、ジョーダンが離脱したことで、ラグジュアリータックスのラインを超えていないチームとなり、546万ドルのMLEスペースが与えられる。

だがクリッパーズは、この546万ドルから、すでに338万ドルをポール・ピアースに費やしているため、MLE枠は227万ドルしか残っていない。同じくキャップ状況に左右されないミニマム・サラリー例外条項も、上限額が約150万ドル程度。150万ドル~227万ドルの年棒で契約してくれるスタメンクラスのセンターなど、NBAには存在しない。

こうなると、クリッパーズが他に取れるオプションは…。

3チーム間のサイン&トレード

クリッパーズの選択肢の1つとして報じられているのは、マブス/ペイサーズとの3チーム間サイン&トレードだ。

まず、クリッパーズはトレードを前提にジョーダンと契約して、マブスへと放出。そしてマブスは同様にエリスをペイサーズへとサイン&トレードし、ペイサーズはクリッパーズにロイ・ヒバートを送る、という流れになる。ジョーダンの代わりにヒバートを手に入れられれば上等だ。

ただこのオプションは、エリスとジョーダンをそれぞれ自力で獲得できるマブスとペイサーズにとって何のメリットもなく、実現の可能性は低い。メリットがないどころか、NBAには「サイン&トレードで選手を獲得したチームは、いかなる条件でもラグジュアリータックスを400万ドル以上超えることができない」というルールがあるため、不必要な制限を負ってしまうことになる。

そもそもマブスにしてみれば、同じカンファレンスのライバルチームを無条件で助ける理由など皆無。クリッパーズがドラフト指名権をプラスで提示できるのなら話は変わってくるが、残念ながらそんな上等な物は持ち合わせていない。

クロフォード放出

Yahoo Sportsの報道によると、グリズリーズがセンターのコスタ・コフォスのサイン&トレードを模索している様子。クリッパーズにとっては、恐らくコフォス獲得が残されたベストオプションだろう。ジャマール・クロフォードとの交換なら、グリズリーズは応じるかもしれない。

パーキンス

とりあえずグレン・デイビスと再契約、そしてケンドリック・パーキンスとミニマム契約を結んで、リバースHC、ピアースと共に、6,7年前のセルティックスメンバーのコレクションを増やす、というのも選択肢の一つだ。

他には、ミッドレベル/ミニマム・サラリーで若手ビッグを発掘するか、もしくは大ベテランを集めるか。あるいは、グリフィンをセンターに置いてスモールボール主体に切り替えるというチョイスもあるが、それには層が薄すぎるし、複数のポジションをガードできる選手が少なすぎる気がする。

いずれにせよ、クリッパーズは大ピンチだ。プランB的なものがまるでない。それでもCP3とグリフィンの2人がいるので、いきなり下位チームに転落するなんてことはないだろうが、このままではプレーオフを勝ち上がるのは極めて難しいだろう。

クリッパーズは完全にしくじった。

Image by Keith Allison/Flickr

参考記事:「ESPN

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • てぃー

    ドックのGMとしての手腕には疑問符ですね・・・
    あとLMAがスパーズ入り決定らしいですね
    また一段とサウスウェストが恐ろしい事に・・・

    • スパーズ、やりました!SWはまた全チームがプレーオフ進出する可能性大ですね。
      クリッパーズは、CP3&グリフィン全盛期のピークをついに見られなさそうで残念です。ウィングを補強して、来季こそがその年になりそうだったのですが…。

  • CAVS! GOGO!

    GSWみたいなスモールラインナップにするしかないような
    気がします。LACは
    ただマーベリックスはノビツキーの年齢とPGの層の薄さ
    これが難点だと思いますね
    今ダラスのスタメンはこれで
    フェルトン? マシューズ パーソンズ ノビツキー ジョーダン
    になるのかな?(PGに関してはあってるか分かりません)

    • Mason P

      ESPNによるとジェレミー・リン → Mavsって噂が… Mavsのオファーにはかなり制限がありそうだけどリンがMavsを強い興味を示していると書かれておりますね…
      http://espn.go.com/dallas/nba/story/_/id/13198216/dallas-mavericks-set-sights-jeremy-lin

      • CAVS! GOGO!

        でもリンだとジョーダンには合わないような?
        ジョーダンは大半のFGA・FGMがダンクとアリウープなので
        リンがジョーダンにポールと同様にアリウープパスを出さないと
        特性が活きないし速攻の時もCP3なら絶妙なタイミングで
        パスを出すことが出来ますが、リンだとそれは難しいと思いますね

    • 確かにクリッパーズは、スモールにいくのが最善かもしれませんね。スパーズとの第7戦でも、第4Qラスト5分はほとんどグリフィンがセンターのスモールラインアップで、見事逆転勝利しましたからね。
      こうなってくると、4番に入れるピアースの加入は大きかったです。ただディフェンスが…。毎試合120点取れば問題ないけど…。

      マブスはPG必要ですね。とりあえずブレアを戻して、ジェリミー・リンを獲得できればOKだと思います。
      ボール運びができて、たまにスラッシュを仕掛けたり、スリーがある程度打てれば、マブスのシステムにフィットするはず。リンはピック&ロールもそこそこ出来ますし。ロンドよりは上手く馴染めると思います。
      来季は、「パーソンズがボールハンドラーで、ハイポジションのダブルスクリーンからダークがポップ/ジョーダンがロール、そしてウィークサイドの3Pラインにマシューズとリンが待機」みたいなセットを多用してくるような気がします。後は控えのビッグがいれば、昨季前半の最強オフェンスを再現できるかもしれません。どちらにせよ、優勝は無理だと思いますが。

      今年のFAはあっという間に終わりましたね。こんなに各チームが迅速に大盤振る舞いをしたFAは初めてです笑

  • お茶

    ヒバートの動向はどうなるんでしょうか?
    スパーズはもうチートチームとしかいえませんね
    ビッグ3+レナードオルドリッジって…
    プレミアム4よりえげつないですよ

    • 36s

      ヒバートは残留みたいですね。
      オプション放棄(orみせかけ)→残留がトレンドみたいっす。

      スパーズファンですがオルドリッジがどこまでフィットするかですね。
      KGやガソルが移籍した時のような感覚なので、優勝する気がします!!

      • CAVS! GOGO!

        でも、この後トレードでヒバート
        LALに行くと言う話を聞いたんですけど本当ですか?

    • ヒバートは最終的にレイカーズに落ち着きましたね。

      スパーズファンとしては、今年のFAは最高でした!後はダンカン&ジノビリがどれくらいのサラリーで戻ってきてくれるか…。

  • 36s

    ジョーダンOUTでピアースINはファンからすればショックなオフになりましたね。
    息子の成長くらいしか希望がもてないのは痛い。。。
    しかし5年1億を蹴るとは相当問題があったのでしょうか。
    マブスがそこまで魅力的なチームとも思えないんですよね。

    • ジョーダンOUTはまさかでした。せっかくフォワードが強化できたのに…。プレーオフには入ってくると思いますが、この面子でGSWやSAS、OKCと戦うのは厳しそうです。
      そういえば息子もFAなんですが、まったく話題に上がりませんね…

      マブスは今の時点だと、昨季ブレイザーズのやや劣化版といったところでしょうか。まともなPGと控えビッグが手に入れば、結構いいチームになると思います。

  • ゆうき

    クリポはいつになったらCFにいけるんじゃーーーー\(>_<)/

    • >クリポはいつになったらCFに
      その最大のチャンスはまさに昨季でした。スパーズにあれだけドラマチックな勝ち方をしといて、ロケッツ相手にメルトダウンするとは!!

      • たむら

        すごく同感です。
        明らかにファイナルまで持たなそうな怪我したクリポがブザービター決めてスパーズに勝っちゃうから・・・

  • 名無し

    昨季ドックリバースが息子を選手として評価している時点でネタチームになったと思った。同じ金額で息子より安定感のある選手はたくさんいるだろ。

    • 確かに、クリッパーズがリバースをトレード獲得した時は、何やってんだろ…、と思いました。移籍後はパフォーマンスが少し良くなりましたが…。

      プレーオフでも予想以上の活躍をみせましたが、やはりバックアップPGとしてはちょっと頼りないかもしれませんね。

  • Accel

    マブスに移籍したあたりリング優先というわけでもなさそう。
    だとするとLACメンバーとの確執か自身のシュート本数が少ないことに対する不満でしょうか。

    少なくともLAC時よりオフェンスに回数とバリエーションを求められることは確実。彼にとって好転機となるか不調の原因となるかですよね。

    • 確かにリング最優先なら、クリッパーズ残留が賢明だったのかも。ランス&ピアースをプラスしたラインアップなら、ウェスト4強として十分に優勝を狙えたと思います。
      おっしゃる通り、CP3との確執、もしくはもっと大きな役割が欲しかったというのがあったのかもしれません。
      ジョーダンはマブスのシステムに合った選手だと思うので、さらなる躍進を遂げて欲しいですね。

  • AI

    グリフィンのいなかった時のジョーダンは神懸かっていた

    でも、ジョーダンならこれくらいやるよね?みたいな感じで驚きはなかった

    やはり持っているものが違う。正直クリッパーズでの成長はここまでだろう
    まだ26だから気持ちはわかるし、いうほどクリッパーズはリングに近くない
    それにしてもオファー額の差が凄いな…よく受けたもんだ

    • グリフィン不在時のジョーダンは凄かったですね。2試合連続での20/20のダブルダブルは驚きました。特に2月9日に行われた敵地でのマブス戦では、22得点、27リバウンド、3ブロックと、とんでもなかったです!

  • ふくさん

    うわーこれはいかん状況になってしまった笑
    cp3とジョーダンの確執があったかどうかわかりませんが、mavsのリクールト力は凄いですね…
    サラリー的に無理なのかもしれませんが、
    マイアミからバードバン、ウィザーズからネネとかを獲得できれば良さそうな気がしますが
    しかし、来季も厳しい戦いになりそうですね。

    • ESPNの情報ですが、昨季のCP3はタイムアウトなどでベンチに戻る際、ジョーダンにだけハイタッチをしないようなことが何度かあったとか…。

      クリッパーズは、サラリー的に補強が難しいですね。現時点では、チームで1番身長の高い選手がグリフィンとなっています。
      今からピアースを、FA契約でなく、ウィザーズとのサイン&トレード獲得という形に切り替えれば、500万ドルほどスペースができるようですが、そのためにはクロフォードを放出しなければならない可能性が大みたいです。

      ただ何とか来季を乗り切れば、2016年にキャップに大きな余裕ができるので、また優勝候補の一角に返り咲けるかもしれません。

  • Mason P

    うむむ?よく理解できてないのですが、ジョーダンにオファーしたサラリーはまだまるまる残っているのですよね?リクルートしてくるプレイヤーのいい候補がいないこととは別にして、ジョーダン分を加味しなくても既に来季のサラリーキャップを200万ドルオーバーしているってことなんですか?私、なんか基本的なところを理解してないですかね?ひょっとして。
    それはそうと、ポール・ピアースにしてみたらジョーダン、グリフィン、ポールと揃っているところに自分が加わることを考えての決断だったんじゃないかなぁ、なんてポールの気持ちになって考えてみたりして… スペンサー・ホウズも出しちゃったしなぁ…

    • そうなんですよ。今回クリッパーズがジョーダンに提示したオファーは、サラリーキャップをオーバーしているチームが、3年以上在籍していた選手と再契約する場合のみに適用される「ラリー・バード例外条項」という特別なオファーだったんですね。これは外からFAを連れてくる際には使えません。

      クリッパーズはジョーダンへのオファーを除いた来季の確定サラリーだけで、すでにキャップを超えています。なので、FAを獲得できる手段は、ミッドレベル例外条項、もしくはミニマム・サラリー例外条項しか残されていないという状況です。

      ピアースやスティーブンソンの獲得も、ジョーダンありきの補強だったと思います。こうなってしまっては、ホーズの放出が惜しまれますね。

      • Mason P

        おー、なるほど、なるほど。理解できました。ありがとうございます!
        じゃもうトレード狙いかなぁ…

  • フラッシュ

    いやだってダラスはテキサス州だから所得税かからないし

    • 確かに、税金も移籍の理由の一つかもしれませんね。

  • Mason P

    なんだこれ…
    「D・ジョーダン、マブスとの口頭合意を反故にしクリッパーズ残留へ」
    http://www.nba.co.jp/nba/deandre-jordan-has-reneged-an-agreement-with-mavericks-and-remains-with-clippers/1pbahityr7y3t1xva1afp2fg9e

Back to Top ↑