ブログ デラベドバ スタジアム

Published on 6月 11th, 2015 | by Tunaパスタ

2

デラベドバの地元オーストラリアに「デラベドバ・ドーム」が誕生するかも

デラベドバ旋風がいたるところで巻き起こっている。数年前にNBAを熱狂させた「リンサニティ」にも届きそうな勢いだ。

オーストラリアの現地メディアによると、マシュー・デラベドバの出身地であるヴィクトリア州メリーバラのバスケットボールスタジアムが、新たな地元ヒーローにちなんで球場を改名する話を検討しているという。

その名も「デラベドバ・ドーム」。2面コートの小規模な施設ではあるが、デビューわずか2年目の若手現役選手がこんな待遇を受けるのは珍しい。少し気がはやい気もするが、ヴィクトリア州シャー・オブ・セントラル・ゴールドフィールズの地方公共団体会長は、デラベドバはすでに十分な活躍をした、と語る。

「あのスタジアムは、デラベドバが技術を学んだ場所。メリーバラのバスケットボール協会が、デリーの名前にちなんでスタジアムを改名すべきだと提案している。彼はメリーバラの街を世界に知らしめてくれた。素晴らしいことだ」

メリーバラは、オーストラリア南部ヴィクトリア州の内地に位置する人口7600人程度の小さな町。デラベドバはここで4歳の頃からバスケを始め、17歳まで過ごした。小さい頃は、オーストラリアンフットボールやサッカー、テニス、フィールドホッケーなど、いろいろなスポーツに挑戦したそうだが、常にバスケットボールがナンバー1だったらしい。

▼幼少期のデラベドバ

デラベドバ 幼少期

screenshot: WEWS NewsChannel5

▼キッズリーグ時代のデラベドバ

デラベドバ キッズリーグ

screenshot: WEWS NewsChannel5

▼16歳のデラベドバ

デラベドバ 16歳

screenshot: WEWS NewsChannel5

報道によれば、メリーバラ住民たちは今季NBAファイナルに沸いており、地元の子供たちは学校を休んでデリーの勇姿を観戦しているという。

デラベドバは、ファイナル3試合で9.7得点、3.7リバウンドを平均。第1戦は0得点に終わったが、カイリー・アービング離脱以降の第2,3戦では9得点と20得点を獲得しており、それぞれで試合の流れを大きく変えるファインプレーを決めた。

Thumbnail by Keith Allison/Flickr

参考記事:「CBS Sports

 

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • CAVS! GOGO!

    なんかデラベドバが偉大な人に見えてきたw

  • Accel

    オーストラリアではボーガットより人気なんでしたか。

    人気の原動力は何なんでしょうね。

Back to Top ↑