ブログ デマーカス・カズンズ ダンク

Published on 12月 30th, 2014 | by Tunaパスタ

2

シャック2.0: デマーカス・カズンズがダブルチームを跳ね飛ばしモンスターダンク!

身長211cm、体重122kgの怪物センター、サクラメント・キングスのデマーカス・カズンズがローポストでディフェンダーをひねり潰す様子は、全盛期のシャキール・オニールを彷彿とさせる。29日のブルックリン・ネッツ戦では、メイソン・プラムリーとセルゲイ・カラセフの2人に挟まれながらもパワーで押し切り、豪快なワンハンドダンクをねじ込んだ。

これほどのパワフルさとフットワークを持ち合わせたセンターは実にシャック以来では?現時点ではまだシャック・ジュニアといったところか。

今季のカズンズは20試合でリーグ4位の24.7得点、リーグ3位の12.3リバウンドを平均。「PER」はアンソニー・デイビス(32.5)、ラッセル・ウェストブルック(32)に次いで、リーグで3番目に高い(28.6)。今夏のFIBAトーナメント出場を経て、昨季よりもさらに一回り成長している。問題視されていた短気な性格もずいぶんと改善された印象だ。

27日に行われたニューヨーク・ニックス戦では、オーバータイムの残り時間1分にベースラインドライブから決定打となるダンクを決め、自己シーズンハイの39得点を記録した。

 

カズンズの武器はローポストでのパワームーブだけじゃない。シュートレンジも広く、ピック&ポップからのキャッチ&シュートやドライブが得意。時には、ビッグマンとは思えないほどの軽快なフットワークで、ミドルレンジのステップバックショットを沈めたりもする。

 

また、センターにしてはドリブルやパスが非常に上手く、PGのようにファーストブレイクをリードしてアシストを出したり、ディフェンスリバウンドからコースト・トゥ・コーストをやったりすることもしばしば。とにかく幅広いスキルをもったリーグ1,2のオフェンスセンターだ。

▼デマーカス・カズンズ、2013-14Top10プレー

Video:「YouTube

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    カズンズは本当に順調に成長してきましたね。
    単純比較はできないかもですが、2010年ドラフト組の中ではウォール以上の支配力を持つようになったと個人的には思っています。成長度でいうとアイザイア・トーマスがぶっちぎりすぎて比べ物になりませんが。笑

    ただまぁ全盛期のシャックは今になって動画で見ても反則すぎるので、確かに例えるならシャック・ジュニアくらいが妥当ですね。

    • カズンズは本当に見ていて楽しいです。ディフェンス面ではまだハワードやガソルのような存在感はありませんが、足を動かしてチャージングなんかを取り、以前よりも賢く守れるようになった気がします。

      2010年ドラフト組は、ウォール、カズンズ、ブレッドソーの3人が同じケンタッキー大でフレッシュマンとしてプレーしていたことを考えると、改めてとんでもないチームだったんだなと思わされます。しかもそれでNCAA制覇できなかったというのがなんとも面白いです。

      確かにシャックはまだまだ別格だったという印象ですね。そもそもあのサイズの人間があんな風に動けるべきではないんですよねw

Back to Top ↑