ブログ デマーカス・カズンズ トレード

Published on 2月 20th, 2017 | by Tunaパスタ

12

デマーカス・カズンズ、ペリカンズにトレード移籍

オールスターゲーム2017終了後まもなく、The VerticalのAdrian Wojnarowski記者がリーグを揺るがす今季一のビッグニュースを投下した。

報道によると、サクラメント・キングスが現地19日、ニューオリンズ・ペリカンズとのトレードに合意。キングスは ペリカンズからタイリーク・エバンス、ラングストン・ギャロウェイ、ルーキーのバディ・ヒールド、2017年ドラフト1巡目と2巡目指名権を獲得する代わりに、フランチャイズスターのデマーカス・カズンズとオムリ・カスピを放出する模様だ。

今季のカズンズは55試合でリーグ4位の27.8得点、10.6リバウンドを平均。新たなチームメイトとなるアンソニー・デイビスと並びリーグ1,2を争うビッグマンで、もし2人が上手く噛み合えばティム・ダンカン/デビッド・ロビンソン以来の支配的なツインタワーになるかもしれない。

▼カズンズvsデイビス

現在ペリカンズは23勝34敗でウェスト11位となっており、8位のナゲッツとの差はわずか2.5ゲーム。このまま8位シードに入り込めば、今季プレーオフでダークホースになり得るポテンシャルもある。ファイナルでのリベンジに燃えるウォリアーズにとっては、予想以上に厳しい第1ラウンドになりそうだ。

カズンズは、オールスターゲーム後のインタビューで初めてトレードのニュースを知らされたようで、スタッフから耳打ちされると、一切取り乱すことなく、「ニューオリンズは楽しかった。ニューオリンズが大好きだ」と笑顔で記者たちに語った。

▼カズンズのリアクション

一方のキングスは…、数日前にカズンズのトレードは考えていないという報道が出たばかりだったので、まさに驚きの決断。現在ウェスト8位から1.5ゲーム差の9位にいるが、プレーオフ進出よりも将来に向けた再建突入を選んだようだ。

カズンズのマネージャーも突然のニュースに少し困惑した様子で、オールスターゲーム後に空港からTwitterで「どこに行くべきなのかもわからない…」とコメントしている。

カズンズのトレードの話はこれまでに何度も上がっており、一部ではロッカールームで悪影響になっているなどという噂も出ていたが、それでも今回のトレードはキングスにとって見返りが少なすぎる気もする。報道によれば、キングスはレイカーズにもブランドン・イングラムを含むトレードで交渉を持ち掛けたそうだが、レイカーズは拒否したという。

なおカズンズは、今年のオールスターゲームでわずか2分しか出場しなかったが、それは本人の要望だったらしい。

参考記事:「Yahoo Sports

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑