ブログ %e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%b3-300%e7%82%b9

Published on 11月 13th, 2016 | by Tunaパスタ

8

デマー・デローザン、開幕9試合で合計300得点超え

トロント・ラプターズのデマー・デローザンが、歴代屈指のペースで得点を積み上げている。

今季8試合中7試合で30得点以上をあげていたデローザンは、現地12日にホームで行われたニューヨーク・ニックス戦でもゲームハイの33得点と大活躍。開幕から9試合で、はやくもシーズン通算得点で306点に到達した。

Basketball Referenceのデータによると、開幕9試合で300得点を超えたのは1989-90シーズンのマイケル・ジョーダン以来初。過去53年のリーグでは、ジョーダン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、ワールド・B・フリー、ネイト・アーチボルド、リック・バリー、ウィルト・チェンバレンに次いで、デローザンが7人目となる。

▼開幕9試合の通算得点(1963~)

選手 シーズン 得点
1 マイケル・ジョーダン 1986 347
2 マイケル・ジョーダン 1988 337
3 リック・バリー 1966 335
4 カリーム・A・ジャバー 1970 317
5 マイケル・ジョーダン 1989 313
6 マイケル・ジョーダン 1987 307
7 ネイト・アーチボルド 1972 306
7 ワールド・B・フリー 1979 306
7 デマー・デローザン 2016 306
10 ウィルト・チェンバレン 1964 303
11 リック・バリー 1974 302

▼11日のホーネッツ戦ではクラッチショットを連発して34得点

「メンタル面、フィジカル面、そしてスキル面で成長できる方法を常に探している。オフシーズンであっても、シーズン中であっても、常に何かを見つけようとしている」
– デマー・デローザン

リードチェンジを27回繰り返す大接戦となった12日の試合は、同点で迎えた第4Q残り4分から、ラプターズがニックスを17-6でアウトスコアして、今季7勝目を手にした。

ラプターズはデローザンの33得点の他、ノーマン・パウエルが19得点、カイル・ラウリーが16得点、6アシストを記録。敗れたニックス(3勝6敗)は、カーメロ・アンソニーが31得点、クリスタプス・ポルジンギスとデリック・ローズがそれぞれ21得点をあげている。

今季のデローザンは、リーグ首位の34.0得点を平均(FG成功率52.8%)し、ラプターズを開幕7勝2敗の好スタートに牽引。この調子を最後まで維持できるようなら、ラプターズ史上初のMVP誕生も夢ではない。

Image by Keith Allison

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • Tomotaka Suzuki

    どこぞの雑誌で『デローザンは頭打ち』何て評価してたのを思い出しました。
    私も、デローザンがこんなに伸びるなんて思わなかった(–;)

    • 私もデローザンは頭打ちしたと考えていた一人です…。ミッドレンジからのタフショットが多いプレースタイルで、身体能力的にも今がピークですし、スリーでも打てるようにならない限り伸びようがないだろうと思っていました。
      このペースを維持するのは大変でしょうが、たとえ9試合でも34点を平均できるというのは本当にすごいですね!

  • 36s

    ジャンパーが外れる感じないんですよね。3pないのにこれは凄い。

    しかしこうやって見るとジョーダン半端ない。

    • やはりジョーダンは次元が違いますね。しかも1988年には35得点を平均しながらDPOYを受賞するとか…。

  • ゆうき

    す…すごい(# ゜Д゜)たしかSI誌で46位にされて怒っていましたよね。たしかにこれは46位ではないですよ(笑)
    それにしてもミドルが高確率すぎる(゜ロ゜;ノ)ノこれがシーズン通して続いたら本当に凄いですね(* ̄∇ ̄)ノ

    • 確かに46位はひどすぎる。MVPクラスの大活躍ですからね。ただ私も、デローザンがここまでやってくれるとは全く想像できませんでした…。

  • Mo-Pete

    プレーオフでの経験から今期はエースとして並々ならぬ気迫でチームを引っ張っています(調子が良い時コービーとダブります)。タッチが良く結果もついてきてますし次戦のキャブス戦、リベンジできるか期待です。

    • オリンピック合宿でトップレベルの選手たちと切磋琢磨したのも大きなプラスになったのかもしれませんね。ホーネッツ戦のクラッチタイムにミドルレンジを沈めまくる姿は、まさにブラック・マンバ状態でした。
      キャブス戦がすごく楽しみです。

Back to Top ↑