ブログ デリック・ホワイト サマーリーグ

Published on 7月 7th, 2018 | by Tunaパスタ

0

スパーズ2年目のデリック・ホワイトがサマーリーグで大活躍中

ガードの層が厚かった昨季のサンアントニオ・スパーズでは、わずか17試合の出場に留まり、シーズンの多くをGリーグで過ごすこととなった2017年ドラフト全体29位指名のデリック・ホワイト。

NBAでの出場時間の多くがガベージタイムだったため、ほとんど注目されることなくルーキーシーズンを終えたが、2年目となる今年のサマーリーグではオールラウンドな司令塔としてチームを引っ張る大活躍を見せている。

ホワイトは、現地7月2日に始まったユタでのサマーリーグ3試合で大会最多の23.0得点、7.0アシスト、6.7リバウンド、1.3スティールを平均し、スパーズを2勝1敗に牽引。5日のメンフィス・グリズリーズ戦では、8本中5本のスリーを沈めて26得点、7リバウンド、6アシストをマークするオールラウンドパフォーマンスを披露した。

まだサマーリーグで3試合を終えたばかりだが、ホワイトの仕上がりは素晴らしかったと思う。

フロアリーダーとしてチームを引っ張りながら、シューティングからプレイメイクまでオールラウンドに活躍。特にロングレンジショットの完成度が想像以上に高くて、シュート時のボディコントロールやリリースのスピードも良い。スポットアップだけでなく、クロスオーバーからのプルアップスリーや、ドリブル・ハンド・オフからの素早いキャッチ&シュートなども綺麗に決めていた。

▼クイックリリース

▼DHO

またピック&ロールの指揮も非常に上手い。ホワイトはやや瞬発力(ファーストステップ)に欠けるため、ウェストブルックのように豪快にディフェンダーを抜き去ることはないが、ヘジテーションやチェンジ・オブ・ペースを駆使しながら敵陣を突破し、チームメイトや自らの得点につなげられる。

▼タイミングを読むのが上手い

▼時には自らフィニッシュ

https://twitter.com/spurs/status/1015021277021593600

昨季スパーズのロスターでは、アウトサイドショットとピック&ロールの両方で脅威となれるツーウェイのガード選手がマヌ・ジノビリのみだったので、第2のボールハンドラーを務められるホワイトのオールラウンドなスキルセットは来季チームの役に立つはず。ホワイトはガードとしてはサイズとフィジカルにも恵まれているので、守備面でもそれほど弱点にならないだろう。先発PGであるデジャンテ・マレーとの相性も良さそうだ。

来季にいきなり大ブレイクすることはなさそうだが、ベンチから15分以上を任せられるローテーションプレイヤーになれることを期待したい。

サマーリーグスタッツ:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑