ブログ 2018 スリーポイントコンテスト

Published on 2月 18th, 2018 | by Tunaパスタ

0

デビン・ブッカーが新記録でスリーポイントコンテスト優勝

フェニックス・サンズのデビン・ブッカーが、大会新記録で2018スリーポイントコンテストの王者となった。

1985-86シーズンでの初開催から32回目となる今年のコンテストには、ブッカー、クレイ・トンプソン、エリック・ゴードン、トバイアス・ハリス、ポール・ジョージ、カイル・ラウリー、ブラッドリー・ビール、ウェイン・エリントンの8選手が出場。ルールはこれまでと同じく、制限時間1分間で5つのスポットから5本ずつ、合計25本のスリーを打ち(通常ボール1点、マネーボール2点)、獲得ポイントで上位3人が決勝ラウンドへと進む。

▼選手紹介

予選ラウンド:
プレイヤー スコア
1 クレイ・トンプソン 19
2 デビン・ブッカー 19
3 トバイアス・ハリス 18
4 ウェイン・エリントン 17
5 ブラッドリー・ビール 15
6 エリック・ゴードン 12
7 カイル・ラウリー 11
8 ポール・ジョージ 9

今年の予選ラウンドではリズムを掴めなかった選手が多く、誰も20ポイントに到達できず。昨年チャンピオンのエリック・ゴードンやベテランガードのカイル・ラウリーも予選敗退に終わった。

決勝ラウンドに進んだのは、19ポイントで首位タイのブッカーとトンプソン、18ポイントを獲得したハリスの3選手。

決勝ラウンド:
プレイヤー スコア
1 デビン・ブッカー 28
2 クレイ・トンプソン 25
3 トバイアス・ハリス 17

▼ブッカーは決勝で新記録

決勝ラウンド1人目のハリスは、最初の15本中13本を決める好スタートを切るも、ラスト10本中9本を外してしまい、予選よりも1点低い18ポイントで終了。続いて2人目のブッカーが、25本中20本のショットを沈めて28ポイントを叩き出し、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが保持していたコンテスト最多記録(27ポイント)を塗り替えた。

なおスペシャルラック(ボール5つすべてがマネーボールのラック)がなかった古いフォーマットでは、1991年のクレイグ・ホッジズと2008年のジェイソン・カポノによる25ポイントが最高記録となっている。

デビン・ブッカー 決勝ラウンド

3人目のクレイ・トンプソンも決勝ラウンドで調子を上げ、25ポイントを獲得したがブッカーに及ばず、2度目の優勝は成らなかった。

Video:「YouTube

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑