ブログ ノビツキー 引退

Published on 4月 11th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ノビツキーがキャリア最後のホームゲームで30得点!!

ノビツキーが泣いた。俺も泣いた。ついにマブスレジェンドの引退が確定してしまった。

ダラス・マーベリックス本拠地のアメリカン・エアラインズ・センターでは現地4月9日、フェニックス・サンズとの試合後に特別セレモニーが開催。そこでダーク・ノビツキーは、「みんな分かっていたと思うが、今日は僕にとって最後のホームゲームだ」と語り、21年のキャリアに終止符を打つことを正式に表明した。

20年以上にわたりチームを支えたレジェンドの引退発表にどよめくアリーナ。ノビツキーは目に涙を浮かべながら感謝の気持ちを言葉にした。

「ヨガの呼吸法をやっているけど、あまり効果はないみたいだね。本当に本当にエモーショナルな瞬間だ。感謝を伝えたい人がたくさんいる。マーク(キューバン)やコーチをはじめマブス関係者のみんなは僕を21年間ずっと支えてくれた。もちろんファンのみんなも。山あり谷ありの旅路に最後まで付き合い、サポートしてくれた。心からありがとう」

「それからチームメイトたちにも感謝。僕にとって今季はフィジカル面で厳しいシーズンだったが、君たちはそれを理解して常に支えてくれた。21年のキャリアを通して200人以上の選手と一緒にプレイしたけど、みんな素晴らしいチームメイトだった。いつでも僕の後押しをしてくれた。多すぎて名前を挙げることはできないが、共に戦ったみんなにありがとうを言いたい」
– ダーク・ノビツキー

この日のアメリカン・エアラインズ・センターでは、マブススタッフ総出でノビツキーのアリーナ入りを歓迎。本来ならば、選手たちはセキュリティ・チェックポイントまで車で移動するが、ノビツキーは車を飛び出して約150メートルの道のりをスタッフたちとハイタッチしながら歩いた。

▼試合前のイントロ

この日のノビツキーは33分の出場で30得点をマーク。試合を通して「ダーク・コール」が鳴り響く中、キャリア最後のホームゲームでシーズンベストなパフォーマンスを披露した。

40歳以上の選手が30得点ゲームを達成したのは、マイケル・ジョーダンに次いでノビツキーがNBA史上2人目となる。

ノビツキーのスリーを最高の笑顔で祝うドンチッチが印象的。

試合中にトリビュートビデオが上映された際には、ユニフォームで感動の涙を拭っていた。

ノビツキーの日を勝利で飾ったマブスは、ルカ・ドンチッチが21得点、16リバウンド、11アシストでシーズン8回目のトリプルダブルを達成。新人によるトリプルダブル数で歴代3位のマジック・ジョンソンに並んだ。

敗れたサンズは、ジャマール・クロフォードが30本中18本のFG成功でシーズンハイの51得点をマーク。クロフォードは史上最年長での50点ゲーム達成者となった。

▼39歳

ボックススコア:「NBA

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑