ブログ 2019オールスター ファン投票

Published on 1月 5th, 2019 | by Tunaパスタ

0

2019オールスターファン投票第1次集計:ドンチッチとローズが上位に

NBAが現地3日、2019年NBAオールスターゲームの先発メンバーを選ぶファン投票の第1回途中経過を発表した。

投票開始から10日目の時点でリーグ最多票数を獲得したのは、今季からウェスタンカンファレンスに活躍の場を移したレブロン・ジェイムス(108万3363票)。2位はバックスのヤニス・アデトクンボで、イーストフロントコート首位の99万1561票だ。このまま行けばレブロンとアデトクンボの2人が今年のキャプテンとなり、ドラフト形式で他のオールスターたちを指名してチームを編成する。

第1次集計結果の詳細は以下の通り:

・イーストガード

  1. カイリー・アービング:91万329票
  2. ドウェイン・ウェイド:40万9156票
  3. ケンバ・ウォーカー:31万9519票
  4. ベン・シモンズ:25万9993票
  5. ビクター・オラディポ:19万8009票
  6. カイル・ラウリー:18万571票
  7. ザック・ラビーン:12万8605票
  8. ジェレミー・リン:6万2573票
  9. ブラッドリー・ビール:6万1269票
  10. ジョン・ウォール:5万4366票

・イーストフロントコート

  1. ヤニス・アデトクンボ:99万1561票
  2. カワイ・レナード:77万4172票
  3. ジョエル・エンビード:64万8002票
  4. ジミー・バトラー:22万2206票
  5. ジェイソン・テイタム:21万4622票
  6. ブレイク・グリフィン:19万2649票
  7. ビンス・カーター:7万6022票
  8. アンドレ・ドラモンド:6万8204票
  9. ゴードン・ヘイワード:6万6492票
  10. アル・ホーフォード:6万2288票

・ウェストガード

  1. ステフィン・カリー:79万3111票
  2. デリック・ローズ:69万8086票
  3. ジェイムス・ハーデン:54万1606票
  4. ラッセル・ウェストブルック:45万9792票
  5. クレイ・トンプソン:24万7618票
  6. デイミアン・リラード:20万609票
  7. デマー・デローザン:19万7524票
  8. ロンゾ・ボール:17万5040票
  9. デビン・ブッカー:11万1897票
  10. クリス・ポール:10万1104票

・ウェストフロントコート

  1. レブロン・ジェイムス:108万3363票
  2. ルカ・ドンチッチ:67万9839票
  3. ケビン・デュラント:65万9968票
  4. アンソニー・デイビス:60万5417票
  5. ポール・ジョージ:58万55票
  6. スティーブン・アダムス:26万1327票
  7. ニコラ・ヨキッチ:23万5272票
  8. カイル・クーズマ:19万5477票
  9. ドレイモンド・グリーン:13万8017票
  10. デマーカス・カズンズ:9万2977票

第1回途中経過における最大のサプライズは、何といっても新人ルカ・ドンチッチの順位。現時点でケビン・デュラントやアンソニー・デイビス、ポール・ジョージらリーグトップ10クラスのスーパースターたちを上回り、ウェストフロントコート部門で2位の票数を獲得した。

さらにウェストでは、カムバックシーズンを送っているデリック・ローズが、ジェイムス・ハーデンやラッセル・ウェストブルックらを抑えてガード部門2位となっている。

なおオールスターのスターターは、ファン投票の他に、プレイヤー投票とメディア投票の結果を加えた合計ポイントで選出される(投票の比重はファン投票が50%、プレーヤーとメディア投票がそれぞれ25%)。なのでドンチッチとローズがこのままファン投票での人気を維持しても、先発出場を果たす可能性は極めて低いだろう。

2年前のファン投票では、ザザ・パチュリアがフロントコート部門で2位となったが、プレーヤー/メディア投票で最下位となり、スターター枠から弾かれた。

ただパチュリアのケースとは違い、ドンチッチとローズは2人ともオールスターに近い数字を記録しつつ、50点ゲームやブザービーターなどインパクトの強いパフォーマンスを残している。今後のプレイ次第では、プレーヤー/メディア投票で上位に食い込む可能性がもしかすると…。

▼ステップバック

他には、今季限りでの引退を表明しているドウェイン・ウェイドがイーストガード部門で2位。イーストフロントコート部門では、リーグ最年長のビンス・カーターが7位の票数を獲得している。

それにしても、今季まだ1秒もプレイしていないデマーカス・カズンズに9万票以上が投じられているのは不思議。やはりウォリアーズのブランド力は絶大だ。

参考記事:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑