ブログ ルカ・ドンチッチ トリプルダブル

Published on 10月 26th, 2019 | by Tunaパスタ

0

ルカ・ドンチッチがトリプルダブル、マブスは15年ぶりの開幕2連勝

昨季新人王のルカ・ドンチッチが、開幕戦に続いて再びオールスター級のパフォーマンスでチームを勝利に導いた。

NBAでは現地25日、ダラス・マーベリックスとニューオリンズ・ペリカンズがスムージー・キング・センターで対決。終盤に1~2ゴール差を争う大接戦の末、マブスがペリカンズを123-116で下し、開幕2連勝をあげた。

マブスが連勝でシーズンをスタートするのは、2004-05シーズン以来初で15年ぶりとのこと。ちなみに67勝を達成してダーク・ノビツキーがMVPに輝いた2006-07シーズンは4連敗からのスタートだった。

この日のMVPは、38分の出場で25得点、10リバウンド、10アシストをマークしたルカ・ドンチッチ。リーグ2年目の20歳にして、すでにキャリア通算9回目のトリプルダブル達成となる。

この試合でのマブスは立ち上がりが悪く、第1Qだけで41点を奪われて一時は16点ビハインドを背負うこととなったが、第2Qを45-23で上回る猛反撃を展開して一気に逆転。

後半はマブスが主導権を握りながらも接戦となり、109-109の同点で迎えた第4Q残り4分半からのクラッチタイムにはドンチッチが8得点をあげて試合をテイクオーバーした。

▼クラッチ!!

▼ビハインド・ザ・バックでディフェンダー2人の間を通すミラクルパス。アシストにならなかったのが残念

ドンチッチの他には、クリスタプス・ポルジンギスが24得点/5ブロックと攻守でオールラウンドに活躍。さらにデロン・ライトがベンチから20得点、7リバウンド、5スティールを獲得してマブスの勝利に大貢献している。

再び接戦を落としたペリカンズ(0勝2敗)は、ブランドン・イングラムが25得点/8リバウンド、ジョシュ・ハートが16得点/9リバウンド、ロンゾ・ボールが15得点/8リバウンドと元レイカーズトリオが奮闘した。

ボックススコア:「NBA

Tags:


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑