ブログ ゴラン・ドラギッチ ロイ・ヒバート

Published on 1月 3rd, 2015 | by Tunaパスタ

0

ゴラン・ドラギッチ 「ロイ・ヒバートから点を取るのが最も簡単」

フェニックス・サンズのゴラン・ドラギッチは、ドライブからのスコアを得意とするスラッシャータイプのガードだ。NBA.comのデータによると、今季のドラギッチはフィールドゴールアテンプトの4割がゴール下3フィート以内からで、ドライブからのFG成功率は先発ポイントガードの中でリーグ2位となる58.5%を記録している(1位はステファン・カリーで60.2%)。

そんなドラギッチに対して、アメリカのスポーツブログBleachers Reportが「どのディフェンダーから点を取るのが難しい?」という質問を投げかけたところ、とても興味深い回答が返ってきた:

※   ※   ※

Q: フィニッシュするのが最も難しい選手は誰?簡単な選手は?

ドラギッチ:
「最も難しいのはドワイト・ハワード。とても屈強で身体能力が高いからね。最も簡単なのはロイ・ヒバートだ。みんな彼のことを素晴らしいディフェンダーだと言うけれど、彼は高く飛べないよ。ただヒバートに体をぶつけて攻めればいい。そうすれば彼の上からゴールを決められるし、もしくはファウルをもらえる」

※   ※   ※

ドラギッチの答えにはちょっと驚きだ。ロイ・ヒバートはリーグ屈指のインサイドディフェンダーとして知られており、今季は対戦相手のリム周辺FG成功率を39.7%に抑えている。この数字はビッグマンの中でアンドリュー・ボーガット、ルディ・ゴバートに次ぐリーグ3位の記録だ。

ただヒバートはドラギッチとの相性がどうも悪いらしい。

ドラギッチ vs. ペイサーズ

ドラギッチはペイサーズに強い。昨季と今季のサンズ対ペイサーズ4試合では、フィールドゴール58本中35本を成功させ平均23.5得点を記録。シーズンの平均成績を大きく上回る数字だ。

▼ドラギッチのペイサーズ戦スタッツ

  得点 FG%
2シーズン平均 19.3 50.4%
対ペイサーズ4試合 23.5 60%

さらに4試合でヒバートがディフェンスした際のドラギッチのFG成功率は11本中9本(81.2%)。そのうちの7本がレイアップによるものだった(ソース:20132014)。

▼ドラギッチ、2014年1月30日ペイサーズ戦

ドラギッチが果敢にインサイドを攻めてヒバートを引っ掻きまわしている。ビッグマンに対しては鉄壁のディフェンスをみせるヒバートだが、もしかするとドラギッチのようにトリッキーでクイックなガード選手に対する守りが少し苦手なのかもしれない。

※   ※   ※

以下、Bleachers Reportのインタビュー記事から、ドラギッチの興味深い体験談をもう一つ:

Q: NBAの“新人しごき”はどうだった?

ドラギッチ:
「僕がルーキーだった年、チームにはシャキール・オニールやアマレ・スターダマイヤー、スティーブ・ナッシュ、グラント・ヒルといったベテランたちが揃っていた。その中で僕をこき使ってきたのはシャックだけだったな。ホームゲームでは常にドーナツを持っていかなければならなかった。面白いことにね、チームのほとんど全員が食生活に気を使っていたんだ。ドーナツなんか食べてたのはシャックだけだったよ」

Image by prideandvegudice/Flickr

参考記事:「Bleacher Report

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑