ブログ ドレイモンド・グリーン 5×5

Published on 12月 12th, 2015 | by Tunaパスタ

5

ドレイモンド・グリーンが5×5達成!!ウォリアーズが2OTでセルティックスを破り24連勝

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、ダブルオーバータイムに及んだ現地11日のボストン・セルティックス戦で24得点、11リバウンド、8アシスト、5ブロック、5スティールをマーク。過去10シーズンのリーグで3度目となる「5×5」を達成した。

1試合で5得点/5リバウンド/5アシスト/5スティール/5ブロック以上を獲得する5×5は、今回のグリーンを含めて過去30年間で9選手(合計16回)しか達成していない非常にレアなスタッツだ。これを最後に記録したのは2012年のニコラス・バトゥームで、その前は2006年のアンドレイ・キリレンコとなっている。

▼5×5(1985年~)

回数
アキーム・オラジュワン 6
アンドレイ・キリレンコ 3
デビッド・ロビンソン 1
デリック・コールマン 1
ブラデ・ディバッツ 1
ジャマール・ティンズリー 1
マーカス・キャンビー 1
ニコラス・バトゥーム 1
ドレイモンド・グリーン 1

第4Q6分で5つ目のファウルを取られたグリーンだったが、そのままベンチに下がることなくレギュレーション残りとオーバータイムの16分間をスマートにプレー。第2OT残り2分でエバン・ターナーからオンボールのスティールを奪って5×5を達成し、その1分後にはウォリアーズのリードを3点に広げるレイアップを沈め、勝利に大貢献した。

ウォリアーズは、ステファン・カリーがゲームハイの38得点、11リバウンド、8アシストをマーク。8ターンオーバー、FG成功率33%(27本中9本)とセルティックスの好ディフェンスに大苦戦しながらも、第4Q残り46秒にはエレベータースクリーンから逆転のスリーを成功させるなど、正念場で活躍した。

他には、アンドレ・イグダーラとショーン・リビングストンがクラッチタイムにステップアップ。リビングストンは第4Q残り2秒でアイザイア・トーマスの決勝ゴールアテンプトをブロックするファインプレーを見せ、イグダーラはオーバータイムだけで9得点を挙げた。

クレイ・トンプソンとハリソン・バーンズのスターター2人が怪我で不在の厳しい状況の中で、セルティックスにガーデンで大接戦を競り勝てたというのは、さすがとしか言いようがない。これでウォリアーズは開幕24連勝。翌日のミルウォーキー・バックス戦で、バック・トゥ・バック2回を含む13日間/アウェイ7連戦という地獄のスケジュールをようやく終える。

一方で敗れたセルティックスは、ケリー・オリニクが自己シーズンハイの28得点を記録。

また、アイザイア・トーマスは18得点、10アシストのダブルダブルを獲得。エイブリー・ブラッドリーはオーバータイム開始直後に6ファウルで退場してしまったが、3本のスリーを沈めて19得点を記録した他、試合を通してオン/オフボールでカリーを苦しめる見事なディフェンスを披露した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • kitsu

    2OTとは言え本当にやっちまいましたね!笑

    昨シーズンからですが攻めるように守るセルティクスのディフェンスは体力のペース配分とか考えてるのかなと不安になりつつも、見ていて本気感が伝わってきて大好きです。
    特に今期のゲームでウエストブルックをしっかり抑えたと言える試合をしたマーカススマートは素晴らしいですね!

    • セルティックスのDはすごくアクティブで素晴らしいですね。この試合も、スマートがいれば結果が変わっていたかもしれません。
      ウォリアーズにとっては、トンプソンの大切さを思い知らされるような試合でした。やはりボールに触らずとも、フロアにいるだけでヘルプディフェンスを一人無効化できるような選手は貴重ですね。
      それにしてもドレイモンドはすごい…。このままいけばオールスター選出は確実でしょうか。

      • SW

        昨年のホークス先発全員出場以上に、今季GSWのスタメン+Iggyは期待してます(^_−)−☆

  • ぱいなぽー

    8アシスト、5アシスト
    アシストが2つありますよ!

    • ご指摘ありがとうございます!

Back to Top ↑