ブログ アンドレ・ドラモンド フリースロー

Published on 1月 21st, 2016 | by Tunaパスタ

6

アンドレ・ドラモンドが1試合のフリースロー失敗数で歴代記録更新

ヒューストン・ロケッツが現地20日、本拠地トヨタセンターで行われた試合で、デトロイト・ピストンズ相手に究極レベルのハック戦略を仕掛けた。

ピストンズの9点リードで突入した後半、ロケッツはKJ・マクダニエルをスターターで投入し、第3Q開始から10秒間で意図的にアンドレ・ドラモンドを5回連続でファウル。一瞬でチームをペナルティへと持ち込み、ドラモンドをフリースローラインに立たせた。

ゲームログもおかしなことに…

ドラモンド ハックログ

この日のマクダニエルの仕事は、この10秒で終了。チームのためとはいえ、こんな使い方をされるのは悔しいことだろう。

ドラモンド ハック

その後もロケッツは7ポゼッション連続でドラモンドをハック。ファンにとって見るに耐えない展開となったが、このハック戦略はそれなりに効果を発揮した。

ドラモンドがフリースロー16本中5本を記録する中、ロケッツは3本のスリーを含む6本のフィールドゴールを獲得。15-5のランを仕掛け、後半開始3分30秒で逆転に成功する。

しかし、そこから試合は、ドラモンドをベンチに下げたピストンズが再び主導権を奪い返し、第4Q中盤でこの日最大の16点リードを確保。その後もロケッツの追随を振り切り、123-114で勝利を収めた。

Q1 Q2 Q3 Q4
DET 33 23 29 38 123
HOU 23 24 32 35 114
FTミスの歴代記録

最終的にドラモンドは、フリースロー36本中13本成功を記録し、17得点、11リバウンドを獲得。1試合で23本のフリースロー失敗は、歴代NBAの最多記録となる。

▼FTミス最多記録

FT 失敗 得点
アンドレ・ドラモンド
(2016/1/20)
13/36
36.1%
23本 17
デアンドレ・ジョーダン
(2015/11/30)
12/34
35.3%
22本 18
ウィルト・チェンバレン
(1967/12/1)
8/30
26.7%
22本 52

20日の試合でピストンズは、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープとマーカス・モリスがそれぞれ22得点で活躍。ロケッツは、ジェイムス・ハーデンが33得点、17リバウンド、14アシストでトリプルダブルを記録している。

ボックススコア:「NBA

Tags: , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 龍 辰巳

    MLBでも、近年極端すぎる守備シフトが多く見られるようになって、効果はさておきその是非が議論になることもありますが…ハック戦術もなかなか微妙なところですね。

    知る限りでは、仕掛けた側が負けてばかりのような気がするんですが、実際ハックが有効に働いた試合があるのでしょうか?

    • ハック戦術と勝率もしくは+/-の詳細データが知りたいですね。
      確かに仕掛けたチームが負けることが多い印象です。それとも、ある程度の点差で負けているチームが何とか流れを変えようとハックを仕掛けにいくことが多いから、そういう結果になってしまうのか。
      スパーズに限ってはリードしている時でもたまにやるんですけどね。勘弁してほしいです…。

  • 36s

    故意のファウルということでフレグラント2にすべきだと思います。
    ファンあってのスポーツなのであからさまにつまらないのは。。。

    ポポもやめてくれないかなぁ。

    • 確かに観ている側からすれば、ちっとも面白くないですからね。あれはバスケのプレーじゃないです。スパーズのハック戦略も、昨季プレーオフを含め、あまりいい思い出がありません。
      せめてすべての選手が60%以上でフリースローを打てるようになれば、ルール変更せずとも解決するのですが…

  • 吉田

    ドラモンドもハーフコートショットは練習してるから

  • >ハックされる選手がフリースローきちんと練習すればいいだけの話

    その気持ちすごくわかります。何十億も貰ってるんだからフリースローくらい決められるようになれよ、と。それですべて解決ですからね。
    ドラモンドとジョーダンに限っては、そろそろアンダースローにチャレンジしてもいいのではと思います。このままだと上達しそうな気配もないですし。からかわれるでしょうが、FT40%を記録するよりはずっとマシかと…。

Back to Top ↑