ブログ スパーズ11連勝

Published on 4月 13th, 2015 | by Tunaパスタ

0

D.グリーンが3PTで球団新記録、ダンカンは通算得点でKG超え、スパーズ11連勝

サンアントニオ・スパーズが現地12日に行われれた試合でフェニックス・サンズを破り、連勝記録を11に更新。シーズン成績を55勝26敗として、ウェスタンカンファレンス2位に浮上した。

17-6のランで試合をスタートさせ一気に主導権を握ったこの日のスパーズは、第1Q開始1分から1度もサンズにリードを許すことなく、107対91で圧勝。ティム・ダンカンは25分の出場で11本中7本のシュートを成功させ、22得点、10リバウンドで今季32回目のダブルダブルを記録した。

この試合でキャリア通算25,959得点目を獲得したダンカンは、NBA得点ランキングでウルブズのケビン・ガーネットを追い抜き、歴代14位に浮上。現役選手の中では3位の記録となる。

▼キャリア通算得点現役選手トップ5

プレーヤー 通算得点
1 コービー・ブライアント 32482
2 ダーク・ノビツキー 28103
3 ティム・ダンカン 25959
4 ケビン・ガーネット 25949
5 ポール・ピアース 25899

またダニー・グリーンはサンズ戦の第4Q残り9分30秒に、シーズン通算191本目となるスリーポイントシュートに成功。1995-96年に“ザ・ライフルマン”ことチャック・パーソンが達成した190本を上回り、シーズン3P成功数でスパーズ球団新記録を樹立した。

ダニー・グリーン 球団記録

via @spurs

▼スパーズ歴代シーズンスリー成功数記録

プレーヤー 成功数 シーズン
ダニー・グリーン 191 14-15
チャック・パーソン 190 95-96
ダニー・グリーン 177 12-13
チャック・パーソン 172 94-95
ロジャー・メイソン 166 08-09

「(グリーンとパーソンは2人とも)それぞれの世代で信じられないほど素晴らしいシューターだ。グリーンは本当に真価を認められはじめたと思うよ。与えられた役割に馴染んでいる」
– ティム・ダンカン

これでスパーズは、過去24試合中21試合に勝利。2月25日にはウェスト2位から7ゲームビハインドだったが、そこから快進撃を続けて一気に順位を上げ、プレイオフ第1ラウンドのホームコートアドバンテージを獲得できるポジションまでたどり着いた。

今季最後の試合は、現地15日に行われるアウェイでのニューオリンズ・ペリカンズ戦。これに勝てば5位以内が確定し、同時にもしメンフィス・グリズリーズが13日のウォリアーズ戦もしくは15日のインディアナ・ペイサーズ戦のどちらかに敗北すれば、スパーズは2位シードを手に入れる。

参考記事:「ESPN

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑