ブログ ティム・ダンカン フィールドゴール記録

Published on 3月 10th, 2015 | by Tunaパスタ

6

ティム・ダンカンのフィールドゴール成功連続試合記録が終了

ついにこの日が来てしまった。

現地8日、サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンがシカゴ・ブルズ戦でシュートアテンプト8本のすべてに失敗。18年のキャリアを通して、初めてフィールドゴールを1本も決められなかった試合となった。

合計1310試合、プレイオフも合わせれば1544試合。これで1997年から続いてきたフィールドゴール成功連続試合記録は終了となる。

▼歴代FG成功連続試合記録トップ3

プレーヤー 試合数
1 ティム・ダンカン 1310
2 アキーム・オラジュワン 1075
3 マイケル・ジョーダン 1072

デビューから18年にわたり出場したすべての試合で最低1本以上のFGを決め続けてきたというのは、とんでもない記録だ。近年のレジェンドたちと比較するとそのすごさがよくわかる。

レブロン・ジェイムスは2004年に1試合だけフィールドゴール0本を記録した。シャキール・オニールは2試合(そのうち1回は怪我で途中退場)。コービー・ブライアントは合計で23試合もノーゴールを経験している。

ダンカンの連続試合記録は途絶えてしまったものの、この日の試合はチームメイトたちが得点面で奮闘し、スパーズはブルズを破り5連勝を達成。トニー・パーカーがシーズンハイの32得点を獲得した他、カワイ・レナードが20得点、マヌ・ジノビリが16得点を記録し、チームを勝利に導いた。

▼トニー・パーカー、ブルズ戦ハイライト

▼ジノビリ、スティールからレイアップ!

▼ポポビッチHCをなだめるビッグスリー

参考記事:「SB Nation

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑