ブログ イースト プレイオフ

Published on 4月 6th, 2018 | by Tunaパスタ

0

イーストのプレイオフ出場チームが決定

現地4日、イースタンカンファレンス9位のデトロイト・ピストンズが、本拠地リトルシーザーズ・アリーナで行なわれたフィラデルフィア・76ers戦に115-108で敗北。76ersが連勝記録を12に伸ばすと同時に、ピストンズの今季プレイオフ不参加が確実となり、イーストのポストシーズン進出8チームが決定した。

現地4月4日時点での順位は以下の通り:

イースト 順位 4月5日

今季レギュラーシーズンも残すところあと1週間となったが、現時点でイーストのシード争いは三層に分かれている。

ラプターズとセルティックスの首位争い
  • トロント・ラプターズ:56勝22敗
  • ボストン・セルティックス:53勝25敗

4試合を残した時点でラプターズとセルティックスの間には3ゲーム差があり、レギュラーシーズンの直接対決は2勝2敗のイーブン。この2チームのタイブレークの決め手となるカンファレンス成績では、すでにラプターズが埋まらない差をつけているため、ラプターズが圧倒的に有利な状況だ。

セルティックスが首位を奪取するためには、残り4試合でラプターズが全敗、セルティックスが全勝というシナリオしかない。

第1ラウンドのホームコート争い
  • クリーブランド・キャバリアーズ:48勝30敗
  • フィラデルフィア・76ers:48勝30敗
  • インディアナ・ペイサーズ:46勝32敗

3チームとも残り4試合で、キャブスとシクサーズが同じ成績、ペイサーズが2ゲームビハインド。ただペイサーズは他の2チームに対してタイブレーカーを保有しているため(直接対決で両チームに勝ち越し)、3チームが最終的にタイになった場合、ペイサーズが3位シードを獲得する。

一方でキャブスと76ersのタイブレークは、現地6日に行われる直接対決の結果次第だ。

下位シード争い
  • マイアミ・ヒート:43勝36敗
  • ワシントン・ウィザーズ:42勝36敗
  • ミルウォーキー・バックス:42勝36敗

残り試合数はヒートが3試合、ウィザーズとバックスが4試合。ヒートは両チームに対してタイブレークを保有しているため、6位シードを獲得できる可能性が高い。もしこのまま、第1ラウンドで3位のキャブス対6位のヒートのシリーズになれば、最高に盛り上がるはずだ。

ウィザーズとバックスのタイブレークについては、直接対決で2勝2敗のイーブンなため、残りシーズンの成績次第となっている。

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑