ブログ NBA スケジュール

Published on 8月 13th, 2013 | by Tunaパスタ

0

NBAの試合中継スケジュールからみえてくる、チーム間のあからさまな人気格差

先日、NBAが2013‐14シーズンのテレビ放送スケジュールを発表した。来季はABC、ESPN、TNTの全米ネット3チャンネルから、11月~4月の間で計142試合が生中継される予定だ。

10月29日の開幕戦には、王者ヒート対デリック・ローズ復帰のブルズと、レイカーズ対クリッパーズのLA対決をダブルヘッダーを放送。続いて、ウォリアーズ対クリッパーズ、ヒート対新生ネッツなど、開幕早々から誰もが見たくなる好カードが目白押し。

と、放送スケジュールを見ていてふと思ったのだが、チーム間のカバレージ格差があまりにもあからさますぎるのだ。そりゃ、人気のないチーム同士の試合を放送しても視聴率は稼げないわけで、もちろんそんなものを全米区のテレビ局が取り上げるはずはない。それはわかっているのだが、人気チームと弱小チームの扱いがあまりにも違いすぎて、笑いがこみあげてくる。

人気格差

例えば、人気チームのレイカーズ、ヒート、ニックスは、それぞれ25試合が中継される。反対に、ボブキャッツ、シックサーズ、ラプターズの「弱小+不人気チーム」は、全米ネットでの放送がゼロだ。

以下は、各チームの全米ネット放送回数(ローカル局は含まず):

  • ロサンゼルス・レイカーズ: 25
  • マイアミ・ヒート: 25
  • ニューヨーク・ニックス: 25
  • シカゴ・ブルズ: 24
  • オクラホマ・シティ・サンダー: 24
  • ロサンゼルス・クリッパーズ: 21
  • ヒューストン・ロケッツ: 20
  • ブルックリン・ネッツ: 17
  • ゴールデンステイト・ウォリアーズ: 17
  • サンアントニオ・スパーズ: 15
  • デンバー・ナゲッツ: 13
  • インディアナ・ペイサーズ: 10
  • ダラス・マーベリックス: 8
  • メンフィス・グリズリーズ: 6
  • ポートランド・トレイルブレイザーズ: 6
  • ミネソタ・ティンバーウルブズ: 5
  • クリーブランド・キャバリアーズ: 4
  • ニューオリンズ・ペリカンズ: 4
  • アトランタ・ホークス: 3
  • ボストン・セルティックス: 3
  • ユタ・ジャズ: 3
  • デトロイト・ピストンズ: 2
  • ミルウォーキー・バックス: 1
  • オーランド・マジック: 1
  • フェニックス・サンズ: 1
  • サクラメント・キングス: 1
  • ワシントン・ウィザーズ: 1
  • シャーロット・ボブキャッツ: 0
  • フィラデルフィア・76ers: 0
  • トロント・ラプターズ: 0

お気づきかもしれないが、この放送スケジュールは、決してチームの強さに基づいたものではない。なぜなら、昨季準優勝のスパーズと、カンファレンス・ファイナルで王者ヒートを苦しめたペイサーズの放送回数が、比較的に少なすぎるからだ。

たくさんの人に見てもらいたい。もっと目立ちたい」というのは、人間誰しもの心理である。シーズンを通して1度も全国ネットでの放送がないようなチームと、一体誰が好んで契約を結びたいと考えるのか?

このままだと、人気チームと不人気チーム、ビッグ・マーケットとスモール・マーケットの格差は広がる一方だ…。などと偉そうなことを言ってみたが、筆者自身も「ボブキャッツ対サンズ」の生中継をみたいとはあまり思わない。

Thumbnail by rondostar via Flickr

ソース:「Yahoo!Sports

Tags: , , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑