ブログ ルディ・ゴベール 絵文字

Published on 7月 3rd, 2017 | by Tunaパスタ

2

ヘイワード獲得を巡り候補チームのスターが絵文字バトル

ユタ・ジャズとの来季契約をオプトアウトし、今夏FAの目玉選手の一人となったオールスターのゴードン・ヘイワード。契約先の有力候補と見られるジャズ、マイアミ・ヒート、ボストン・セルティックスが勧誘に力を入れる中、それぞれのチームのエースたちがTwitterで火花を散らしていた。

発端となったのは、ジャズのルディ・ゴベールが投稿したツイート。

直接言葉にはしていないが、込められたメッセージは明らかだ。ヤシの木はヒートで、クローバーはセルティックス、そしてサックスがジャズ。「ヒートはゴミ、セルティックスはクソ、ジャズはチャンピオン」という意味だろう。だからヘイワードはどこにも行くなと…。

これに対し、まずセルティックスのアイザイア・トーマスが同じような絵文字ツイートで反撃。

それぞれのチームシンボルの横にリーグ制覇を表すトロフィーを並べ、「ヒートは3回、セルティックスは17回、ジャズは0回」。

続いてヒートのハッサン・ホワイトサイドもリングの絵文字を並べて参戦。

ジャズは3チームの中で、ヘイワードに最も大きな契約をオファーできる(最大で5年/約1億8000万ドル)。リッキー・ルビオの獲得や、ヘイワードと親しいジョー・イングルスとの再契約など、やれることは可能な限りやった。後はヘイワードが首を縦に振ることを祈るばかりだ。

参考記事:「ESPN

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 36s

    セルティックスは欲しいでしょうねー。
    PGはすぐにLALに行くことを考えると長い目でみたら
    そっちのほうが良いかもしれないです。
    というか、去年のRS優勝チームなのになんか振られてるのが草

  • お茶

    ボストンはヘイワードの大学時代の恩師がいるのが大きいですよねー
    1番可能性ある気がしますけど、エインジは王朝をつくるのはもう少しあとを考えていて今キャップを埋めるのは得策じゃないっていう話もありますしどうなるんでしょう

Back to Top ↑