ブログ %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3-%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

Published on 10月 6th, 2016 | by Tunaパスタ

2

グリフィンの投げたシューズがコリー・ジョセフの顎を直撃

現地5日にステイプルズ・センターで行われたロサンゼルス・クリッパーズ対トロント・ラプターズ戦でのミニハプニング。

第2Q中盤、ライブボールの最中に、トップ・オブ・ザ・キーからペネトレーションを仕掛けようとしたジャマール・クロフォードのシューズが脱げてしまった。そのままだとプレーの邪魔になるので、一番近くにいたブレイク・グリフィンが拾い上げ、ひとまずコートの外に放り投げようとするのだが、投げる方向をまったく見ていなかったのか。シューズは、クリス・ポールをガードしていたコリー・ジョセフの顔面を直撃する。

ジョセフは両手を上げてアピールしたが、審判のホイッスルは鳴らず。グリフィンは、ディフェンスが混乱した隙にドライブを仕掛け、シューティングファウルを稼ぎ出した。

※   ※   ※

この日は、J.J.レディックとルーク・バーアムーテが欠場したため、CP3/レイモンド・フェルトン/オースティン・リバース/ブレイク・グリフィン/デアンドレ・ジョーダンというややイレギュラーな先発ラインアップで試合に臨んだクリッパーズ。大敗を喫した昨夜ウォリアーズ戦からのバック・トゥ・バックとなったが、ゲーム開始5分で、デアンドレ・ジョーダンがCP3のアシストから3発のダンクを叩き込むなど、序盤からアップテンポなオフェンスを展開し、104-98でラプターズに勝利した。

グリフィンは26分の出場でオールラウンドに活躍し、24得点、8リバウンド、5アシストを記録している。

クリッパーズはグリフィンの他、フェルトンが17得点、ジョーダンが14得点/10リバウンドのダブルダブル、CP3が7得点/15アシストをマーク。敗れたラプターズは、ミドルレンジショットを高確率で決めたデマー・デローザンが、チームハイの20得点を獲得した。

ボックススコア:「NBA

Tags: , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • 名無し

    2人とも笑顔だったのでみててほっこりしました。笑

    にしてもグリフィン、アウトサイドほんと上手くなりましたね。つい3.4年前とは大違いですね。選手の成長がはっきりとわかるのはみてて楽しいです。
    今回はプレで調整だったのか基本的にアウトサイドにいましたが、いざあれにインサイドプレイが加わるといよいよやばいことになりそうです。

    そろそろLACもCFまで進んでもらいたいです。もちろん、大本命はSASですが、今年は多少結果が振るわなくても我慢します。笑

  • teayudo

    NBAではどうしてこんなにもシューズがよく脱げるのか疑問。

Back to Top ↑