ブログ ウォリアーズ キャブス 第2戦

Published on 6月 6th, 2017 | by Tunaパスタ

3

【2017NBAファイナル第2戦】カリーとレブロンがトリプルダブル

現地4日にオラクルアリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの2017ファイナル第2戦は、ウォリアーズが132-113で第1戦に続き快勝。今季プレーオフの無敗記録を更新し(14勝0敗)、シリーズを2-0とした。

2選手がトリプルダブル

この日のキャブスは、レブロン・ジェイムスが29得点、14アシスト、11リバウンド、FG成功率66.7%のトリプルダブルで大奮闘。NBAファイナルにおけるキャリア通算8回目のトリプルダブルで、マジック・ジョンソンに並ぶ歴代最多記録だ。

▼NBAファイナルでの通算トリプルダブル

キャブスはターンオーバーの数をミニマムに抑えつつ、序盤からアグレッシブにペイントエリアを攻撃。トランジションやインサイドの守備も第1戦から改善し、さらに前半でドレイモンド・グリーンを3ファウルに追い込むなど、良い流れでプレイできていたが、それでも終盤は接戦に持ちこむことすら出来なかった。

ウォリアーズは、ファウルトラブルに加えて、前半だけで13ターンオーバーと、ミスが目立つ部分がありながらも、圧倒的な得点力でそれをカバーし、3点リードで試合を折り返すと、後半に入ってからは一気に主導権を掌握。4点差で迎えた第3Q残り5分30秒から16-4のランを仕掛けて、一気に点差を16点に広げ、第4Qは二桁リードを維持したまま、ホームでシリーズ2連勝をあげた。

ステフィン・カリーは、32得点、11アシスト、10リバウンドでプレーオフキャリア初となるトリプルダブルを記録。ESPNによると、ウォリアーズの選手がプレーオフの試合で30得点トリプルダブルを達成したのは球団史上初だという。

▼カリーvsレブロン

スリー成功数で新記録

ウォリアーズはカリーの他、ケビン・デュラントが33得点、13リバウンド、6アシスト、5ブロック、3スティールをマーク。22本中13本のフィールドゴールを決めながら、ドレイモンドがファウルトラブルでベンチに下がった際にはスモールラインアップのセンターを務めるなど、攻守でオールラウンドに大活躍した。NBAファイナルの試合で30得点/5ブロック以上を記録したのは、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、ティム・ダンカンに次いで、デュラントが史上4人目となる。

▼KDが5ブロック/3スティールを記録したと知った時のグリーンのリアクション

この日はクレイ・トンプソンもショットが好調で、4本のスリーを含む12本中8本のショットを成功させ22得点を獲得。ウォリアーズはチーム全体でFG51.7%、3P41.9%、FT91.7%を記録し、NBAファイナル新記録となる18本のスリーを沈めた。

去年と同じく、オラクルアリーナでの2連続惨敗スタートとなったキャブスは、レブロンの他に、ケビン・ラブが27得点、7リバウンドをマーク。ラブは序盤から積極的にインサイドをアタックし、ドレイモンドをファウルトラブルに陥れた。

キャブスで目立った活躍ができたのはレブロンとラブのみで、カイリー・アービングはFG成功率34.8%の19得点。イアン・クラークとマッチアップした際は、1on1から難しいショットを決めるアービングらしいプレイができていたが、クレイ相手の場合は苦戦が続いている。

またトリスタン・トンプソンは、8得点/4リバウンドと第2戦でもあまりインパクトを残せず。本来のトンプソンはリバウンドに強く、キャブスのビッグマンで唯一ウィングにスイッチしてペリメーターを守れる貴重な戦力だが、ボックスアウトが得意で重さのあるザザ・パチュリアのような選手とは相性が悪いのかもしれない。

この日のキャブスは、スティールとペイントエリア得点でウォリアーズを大きく上回り、ファーストブレイク得点でもほぼ互角に持ちこんだが、スリーポイントで差を付けられてしまった。

ボックススコア:「NBA.com

Tags: , , , ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



  • YusukeIndia

    今回も詳しい解説ありがとうございます^_^

    しかしウォリアーズ強い。強過ぎ。
    第1戦とは全く異なる試合展開でしたが、それでもこの点差の圧勝。
    ターンオーバーが多くても3pを中心とした圧倒的オフェンスで相手をねじ伏せるってのは去年よく見たウォリアーズの勝ちパターンの1つの気がします。
    ただでさえ強かったのにコーチカーの復帰と、トンプソンのシュートタッチ復活で死角が見当たりません。

    カリーとレブロンの1on1は見応えありました。けど、あの勝負をカリーが制した瞬間、ゲームの趨勢は決したような印象がありました。 KDも言ってたけど、やっぱウォリアーズのエンジンはカリーなんだなぁ、と。

    キャブスはホームに戻ってどんな闘いするんでしょうね。去年と同じ2-0の出だしとなりましたが、去年は挽回した訳ですし、その鍵はもちろんレブロンです。 また第3戦楽しみしています!

  • masayan

    ウォリアーズ連勝しましたね!第一戦同様に激しいディフェンスから速攻スリーというのが結構印象に残っています。キャブスはどう修正しますかね?ウォリアーズはこの日は攻撃ではKD、カリー、そして不調と言われていたクレイトンプソンがこの日は目立っていましたね。ちなみにcjマカラムによるとクレイは移籍したがっていると言います。そしてマカラムはクレイがウォリアーズにいるのは今年が最後なんだから今のうちに楽しんでおけ、と。シーズンオフに注目するポイントかもしれませんね

  • SW

    あれだけターンオーバー出して、20点差の圧勝って(笑)次戦は必ず修正してくると思うのです、30点差ぐらいついてもおかしくないかと(^_−)−☆
    このまま全試合スイープで歴史に伝説を残してほしいです!

Back to Top ↑