ブログ ハーデン 2試合連続

Published on 12月 24th, 2017 | by Tunaパスタ

0

ハーデンがコービー以来初の2試合連続50得点超え

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが、現地22日に本拠地トヨタセンターで行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦でゲームハイの51得点をマーク。2日前のレイカーズ戦での51得点に続いて、再び50点ゲームを達成した。

2試合連続で50得点以上を記録したのは、2006-07シーズンのコービー・ブライアント以来初(4試合連続)。NBAとABAが合併した1976年以降でこれを達成したのは、ハーデンとコービーの他に、マイケル・ジョーダン(3試合連続)、アレン・アイバーソン、アントワン・ジェイミソン、バーナード・キングの4選手しかいない。

▼2試合連続51得点

ハーデンが28本中15本成功の51得点、8アシストと、クリス・ポール不在のチームを引っ張る大活躍を見せる一方、この日の試合を制したのはクリッパーズで、オースティン・リバースが36得点、ルー・ウィリアムズが32得点、デアンドレ・ジョーダンが15得点/20リバウンドを記録。ハーフタイムで13点ビハインドに陥っていたクリッパーズだが、第3Qに入ってからアウトサイドショットを高確率で決めて流れを変え、後半を76-53で上回って逆転勝利を収めた。

▼リバースはキャリアハイ!!

ハーデンは接戦となった第4Qにピリオド13得点をあげて最後まで奮闘したが、ラスト6分間だけで2度のチャージングを含む4つのファウルを取られてしまい、残り26秒で6ファウルによりファウルアウト。その際に審判の手からボールをたたき落とし、退場処分となっている。

約10年ぶりの快挙を達成したハーデンだが、試合後のロッカールームでは喜んだ様子はなく、記者からコービー以来初だと教えられても、「試合に負けた。どうでもいい」とコメント。また退場処分の原因となった行動については、「でたらめなコールに腹が立った」と審判の判定に苦言を呈した。

「『間違えた』とか『見えていなかった』とか、そういった(審判側の)言い訳にはうんざりだ。選手としてはすごくフラストレーションが溜まる。誰にでも失敗はあるので仕方のないことなのかもしれないが、いら立たしいよ」
– ジェイムス・ハーデン

ボックススコア:「NBA

Tags: ,


About the Author

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。最近、返信が遅くなっており、申し訳ありません…



Back to Top ↑